スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクシ料理 

ネット友達のソランさんが料理用に「ツクシ」を送ってくれた。
箱をあけてビックリ! 
物凄くたくさん入ってる!!!
数えてみたら230本ぐらい(笑)

ツクシを料理する場合、「ハカマ」を取らねばならないらしい。
この作業に1時間半もかかっちゃったよ・・・・。
なにしろ慣れない作業だし。(-_-;)

ツクシのハカマ

ところで、このハカマ取り、指が灰汁で茶色く染まってしま
うらしい。でも水道を流しっぱなしの中で作業をしたので、
指は全然茶色くならなかったよん。
灰汁抜きを1時間ぐらいしなければならないのだけど、作業
の間ずっと水につけておいたので、特に灰汁抜きのための
時間は必要なかった。

さて、次に5分ほど茹でた。
お湯が茶色くなった。びっくりするぐらい真っ茶色!
・・お鍋も心なしか黄ばんだみたい。
その後、色が取れるまで10分ほど流水で洗い、よく絞る。
下処理はここまで。

私が作ったのは、「ゴマ和え」と「卵とじ」。
ツクシの下処理はできているので、ほうれん草のゴマ和え
や、豆腐などの卵とじと、同じ調味料、同じ作り方。

さっそく食べてみた。
味は、ちょっぴりほろ苦い感じ。・・切り干し大根と春菊を
足したような味かなぁ?
食感はニラに似ているかな。
茹でてしんなりしたツクシは、特にクセがあるわけでもなく
ナゾの食材と言う感じでもなく、普通の卵とじやゴマ和えと
同じように美味しかった!


全体的に茶色いので、見た目が美しくないんだけど(汗)、
一応写真をUP

「ツクシのゴマ和え」と「ツクシの卵とじ」
ツクシのゴマ和え ツクシの卵とじ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。