スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物日記 その105・ナメクジ退治 

ビオラの花びらが欠けているものをいくつも発見(涙) 
・・どうやらナメクジに食べられたらしい。
先日もシクラメンの葉の上を這っていたナメクジを発見し
たばかりだ。・・うちのベランダにはナメクジが大量に発
生しているみたい。(-_-;)

というわけで、ナメクジを駆除するため、
「ナメトックス・ハウス」を購入。ゴキブリホイホイのような、
捕獲器になっているタイプのもので、中に毒餌を入れて
おくようになっている。
昨日の夕方三つ仕掛けた。
あと、ナメクジはビールにも寄ってくるらしいので、プリン
の容器にビールを2センチほど入れて、これも仕掛けて
おいた。

2?3時間たった頃様子を見てみると、ビールの方に
収穫あり! 容器のフチに3匹のナメクジが張り付いて
いた。すぐに割り箸で捕獲して処分。
一方ナメトックス・ハウスの方は1匹のみ発見。こちらは
毒餌つきなので、いずれ死ぬと思い、そのまま放置。

翌朝また様子を見てみた。
ビールの方は、予想に反しまったく収穫なかった。
・・前日の夜には集まってきていたのに朝にはいないと
いうことは、たぶんビールを飲んだあと逃げたのだろう。
くぅ?、ざんねん! 
・・夜中に何度か観察してみればよかった。。とは言って
も自分もビール飲みすぎてグーグー寝ていたので途中
観察ができなかったんだけど。(-_-;)

さて、ナメトックス・ハウスの方は・・・
ふふふ、こちらは大成功!
三つのハウスに計15匹捕獲できていた。ハウスの中で
お陀仏になっているものや、ハウスの周りでくたばってい
るものもいた。

しかし捕獲器だけでは足りないことを実感。捕獲器三つ
だけ置いても、ベランダの一部分しか駆除できない。
ベランダ全体に蒔くタイプの駆除剤が必要だ。
・・それには、ベランダ一面に敷いてあるデッキパネルを
全部外さなくては・・・。
お花たちの暑さ対策のために敷いたデッキパネルだった
けど・・パネルの下がナメクジや虫の巣窟になっていると
思うと、外すのに一大決心がいるね、こりゃ。(-_-;)


↓今回使用した「ナメトックス・ハウス」
nametoxhouce2.jpg


スポンサーサイト

STYX / MAN OF MIRACLES 

久しぶりにスティクスを聴いている。

スティクスの人気が爆発し世間一般にも広く知られる
ようになったのは79年発表の「CORNERSTONE」以降
かもしれない。
ビルボードのチャートを見てみると、「CORNERSTONE」 、
「PARADICE THEATER」 (81年)、「KILROY WAS HERE」
(83年) は、それぞれ2位、1位、3位にランクされた。
しかしそれまでのスティクスと異なり、ポップ色が強くな
り、もはやプログレ・ハード・バンドとは言えないバンドに
なっていた。

私が特に好きなスティクスのアルバムは1番売れた上
記のアルバムではなく、75年発表の「EQUINOX」から
「CRYSTAL BALL」 (76年)、「THE GRAND ILLUSION」
(77年)、「PIECES OF EIGHT」 (78年) までの4枚。この
時代がスティクスの黄金期だと思っている。(個人的に)

さて、今聴いているアルバムは、74発表の4thアルバム
「MAN OF MIRACLES」。上に書いた黄金期の前、今か
ら35年も前のアルバムだ。(トミー・ショウもまだ加入して
いない)
このアルバムを初めて聴いたのは、今世紀になってか
らだった。古臭さを感じたものの、後のスティクスの
片鱗を充分うかがわせた。
デニス・デ・ヤングのメロディアスなロック、ジェイムス・
ヤング (JY) のハード・ロックなどがバランスよく配置され、
スティクス・サウンドの土台はほぼ出来上がっていると
言えると思う。また各楽曲のメロディの充実度は後の
アルバムに引けをとらないぐらい素晴らしいと思う。
特にデニス・デ・ヤングが書いた曲は全部お気に入り!
初期の頃から良いメロディの曲を書く人だったんだな?、
デニスって。
デニスが少年のような澄んだ声で歌う哀しげな曲
"Golden Lark"、氷のような冷たさを感じる"Evil Eyes"、
劇的 なイントロと対照的なデニスの素直な歌声が
感動モノの"Christopher, Mr. Christopher"が特に
お気に入り。

入手困難だと思えるアルバムだけど (アマゾンで中古盤
が出ていたが、なんと6千円以上もする)、スティクス・ファ
ンの人でまだ聴いてない人には、是非聴いてほしいアル
バム。


STYX_MANOFMIRACLES.jpg
STYX / MAN OF MIRACLES



植物日記 その104・五月のベランダ 

RIMG0234_T339X244.jpg
タマネギの花


以前、芽が出てしまったタマネギをコップに入れて
水栽培していたのだが、ついに花が咲いた!
全体的に花が少なくてみすぼらしいんだけど(汗)、
でも嬉しい?

RIMG0231.jpg


ホタルブクロの二つある品種、両方花が咲いた♪
左が去年も咲いた「あけぼの」、んで右が今年初め
て咲いた「絞り咲き」。
母が「釣鐘」みたいだと言った。確かに!

RIMG0181.jpg  RIMG0192.jpg


去年の夏頃から咲かなくなってしまったフクシアの
ウインストンチャーチル、久しぶりにツボミがついた!
この品種はドレスのような、とっても可愛らしい花を
咲かせるのだ。楽しみ?♪

RIMG0177.jpg


最近ハマっていること 

最近ハマっていること・・・携帯電話でゲーム。(^_^;)

テレビで無料の釣りゲームのCMをしていた。
「グリーで検索」と出ていたので、早速検索。
何種類かゲームがあるけど、CMでやっていた
「釣り★スタ」というゲームにハマっている。
タイミングに合わせて魚を釣るという割と単純なゲーム
なんだけど、釣れた魚で魚図鑑を作っていったり、たく
さん釣ると進級できたりするのでけっこう楽しい。
級が上がると釣り場をいろいろ選べたり、GOLDを貯め
ると釣竿やしかけも購入でき、大物も狙えるようになる。

会社に着いたら、仕事前に喫茶室で一服しながら釣り
ゲーム、昼食後にまた喫茶室で釣りゲーム、仕事が終
わったらまたまた喫茶室で釣りゲーム。
んで、家に帰ったらテレビ見ながらまた釣りゲーム。
私の1日は釣りゲームに支配されている・・・。
熱中しやすい私の性格、なんとかならないかしら。(-_-;)


歯医者に行ってきた 

2週間ぐらい前、突然歯が痛くなった。
冷たいものがしみるのだ。

普段は痛くない。
でも冷たいものを食べたときとか、
歯磨きのとき冷たい水で口をすすいだときに
すんごく、すんごく、すんご??く、痛い。
きっと虫歯が悪化したに違いない。

思い当たる原因がある。
突然痛くなる日の前10日間ぐらい、柑橘類の果物
(ハッサクとかデコポンとか) を毎日毎日2?3個食
べていたのだ。・・ハッサクは、非常に酸っぱくて、
歯に悪影響がありそうだと思いつつ食べていた。
そしたら突然歯がしみるようになった。
もう食べるのをやめたけど、痛みはいっこうによく
ならない。

昨日、意を決して歯医者に行って来た。

「虫歯が痛いんです(泣)」

歯医者さんは、痛みのある左の下の歯を集中的に
見てくれたが・・・

「・・う?む。。・・虫歯にはなっていませんね。」

うそっ、ホント!? だって、こんなに痛いのに!!
歯医者さんはレントゲンでも調べてくれた。

「やはり、虫歯ではありませんね。
おそらく知覚過敏でしょう。」

え??、そうだったんだ!?
知覚過敏って、こんなに痛いものなの!?

結局、痛み止めの塗り薬をコーティングしてくれた
だけ。そして、「シュミテクト」という、知覚過敏用の
歯磨き粉を薦められた。

でも痛くない右側の方の歯に、虫歯が見つかり、
治療を続けることに。(^_^;)
昔治療した歯で、金属をかぶせている下が虫歯に
なっているらしい。神経を取っているため痛みを感じ
ないので、虫歯になっていることに気づかなかっ
たようだ。



ブログ引越し(手作業) 

ドリーム・イーヴルのデビューアルバムを久しぶりに聴
いたらすんごく良かった。・・このアルバムの感想、以前
日記に書いたかもしれないと思い、昔の日記を探して
みた。5?6年前にネット上に書いていた日記だ。
この日記、1年ぶりぐらいに見たと思う。そしたら
「日記帳6月末日をもってサービス終了」の文字が・・。

・・更新もしていない日記だけど、なくなってしまうのは
さみしい。私がメタル初心者のときに書いたアルバム
感想日記なのだ。

ブログに引越しをしようと考えた。しかしデータの移管は
できないと説明が書いてあった。
こうなったら手作業で移していくしかない。
まず日記を1ページごとにコピーしてPCに保存。
んで、新しいブログを開設して、記事1件ごとに地道に
コピーペーストした。記事の作成日も全部当時の日付に
変更した。記事全136件の引越し、延べ10時間以上
かかってしまった。・・ああ、疲れた。

さて、その日記を一部読み直してみた。
・・なんか、文章が幼稚園児みたい。
っていうか、「アルバムの感想」というより、「思いつくまま
文章を並べた」、みたいになってた(汗)
しかも、良いことも悪いことも言いたい放題。好みの音楽
じゃないとか、Voがキライとか。
歯に衣着せぬこの言いよう!(・・・タラッ。青ざめ。)
・・今は、気に入らないアルバムは感想自体書かないも
んねぇ。

でも、今の私では思い浮かばないような、いかにも初心者
らしい表現もあったりして、貴重かもって思う。(^_^;)

・・ああ、地のままに悪いことも言いたい放題だった自分
が懐かしい。・・実に私らしい日記だったと思う、うん。

そうそう、ドリーム・イーヴルの感想、書いてあった。
やはり絶賛していた!


日焼け 

知らない間に足の甲が日焼けしていた。
靴の形がくっきり跡になっている。
昼間外を歩いているわけでもないのに、なんでだろう?

ハッ!
もしかしてベランダで日焼けしたのかも??

ベランダに置いてあるサンダルを履いてみた。
案の定、日焼け跡とサンダルの形がぴったり一致。
・・そういえば、この間の土日はお天気が良かったっけ。
お花の写真を撮るのに夢中になったり、植木鉢の配置
換えをしたり、長時間ベランダに居たのだった。
ってことは、顔も日焼けしている!?
が?ん。・・・まだ五月だからって油断していた。(-_-;)




久しぶりの絵日記(笑)



植物日記 その103・イチゴ収穫 

RIMG0113_50.jpg

イチゴ収穫できた。
・・今日は3個だけ。(^_^;)

母が二つ、私がひとつ食べた。
ちっちゃくて形もいびつだけど、ちゃんとイチゴの味が
した。

・・実は母におしえられるまでイチゴが熟れていることに
気づかなかった。母も食いしん坊なので、イチゴの熟れ
具合が気になっていたらしい(笑)

イチゴは実が大きくなるまでは結構時間がかかる。でも
ある程度大きくなって白い実が赤みをおび始めると急速
に真っ赤になるようだ。
明日も3個か4個収穫できそう♪

RIMG0105.jpg
↑ 形は悪いけど、、、でも味は悪くないよ!



植物日記 その102・ヤマアジサイ 

画像クリックで拡大
ヤマアジサイ (土佐のキラ星)


ヤマアジサイが咲いた。
よくみかける球状のセイヨウアジサイと違い、チラホラ
としか咲かない品種だ。球状のものと比べると豪華さに
かけるけど、でもこれはこれで清楚な感じがして好き。
今回咲いたものは、以前挿し木したものなので株全体
が小さく、花茎は四つしかできなかった。・・ただでさえ
花茎が少ないのに、先日の強風で花茎がひとつ折れて
しまい、三つに減ってしまった(涙)

親株の方は花茎が12個ぐらいできている。でもこちらは
ツボミが固い状態なので咲くのはまだ先になりそう。

ところで、以前の日記に、青い花を咲かせようと思って
「みょうばん水」をかけたと書いたが・・・・目論見通りに
いかなかった。(-_-;) アルミニウムが良いらしいので
「1円玉」を土の上にばらまいたけど、これも効果がな
かったみたい。ああ、残念。



植物日記 その101・ナメクジものがたり 

ガーデニングの大敵、ナメクジ発見!

ナメクジは夜行性だけど、今日は天気が悪く
薄暗いので夕方から這い出してきたようだ。

そいつはシクラメンの葉の上にいた。
一瞬シクラメンの茎が倒れているように見えて、
引き抜こうとした。・・アブナイ、アブナイ。

画像クリックで拡大

懐中電灯の光を当ててみた。
すると葉の裏に逃げようとした。
おのれ、逃がすものか!

画像クリックで拡大

シクラメンの葉っぱごと捕獲した。
まあ?、なんて丸々と太っているんでしょ!

画像クリックで拡大

塩をかけてみた。
・・ちぢんだ。
さわってみたらコリコリと硬い感じ。

画像クリックで拡大

その後、熱湯をかけ、排水溝の中へ流した。

小さな命は、残酷女ミッチの手により儚くも
消えたのだった・・・。


(※画像をクリックするとモザイクなしの拡大
写真が見られます)



「気持ち的」には盗作にあらず 

だいぶ前の日記に書いた作曲ソフト、
作曲していたのだけど、途中で止まっている(汗)
でもまだあきらめていない。(^_^;)
どんな雰囲気の曲を作っていたのかというと、勇壮な
メタルでちょっぴりクラシック風、そして一転疾走曲に
変わる、という感じの曲。

んで、今、マノウォーの
「THE TRIUMPH OF STEEL(勝利の鋼)」を久しぶりに
聴いていたら、1曲目の"Achillesl,Agony And Ecstasy
In Eight Parts"の一部が先日自分が作った曲とよく
似ているのだ。
メロディも似ているし、楽器ソロから始まって楽器や
ドラムを徐々に増やしていき同じメロディを繰り返す、
という演奏方法も似ている・・・・

マノウォーのこのアルバムは相当久しぶりに聴いて、
どんな曲だったのかもまったく覚えていなかった。
でも、似た曲を作ってしまったということは、この曲が
記憶の片隅にあって知らず知らずのうちに影響され
てしまったと考えられる。

んで、思ったんだけど・・
プロのミュージシャンで、盗作とかパクリとかってよく
あるけど、もしかしたら故意に真似たのではない場合
もあるかもしれない。
偶然似た曲を作った、というのとも違うと思う。
以前聴いた曲が記憶の引き出しの奥の奥にあって、
それが自然と浮かんで (既存の曲だとは気づかずに)
曲ができた、というパターンもあるんじゃないかな??

「気持ち的」には盗作していなくても、作った曲が既存
の曲に似すぎていないか確認する必要があると思った。
・・でも、ま、自分はプロじゃないからどうでもいいん
だけど。(^_^;)



植物日記その100・ビオラの成長記録9 

植物日記もついに100回目。
記念すべき第100回の記事は、、
それほど大した記事でもない。(^_^;)

前回のビオラ成長記録に書いた親不明のビオラ、
その後、色が変化した。
白い部分が青紫になって、色が統一された感じ。
ビオラは、品種によっては色の変化があるのね。


咲き始めとその後
(生まれたてと加齢が進んだとき)
画像クリックで拡大   画像クリックで拡大



植物日記その99・またまたヤグルマギク 

画像クリックで拡大

画像クリックで拡大  画像クリックで拡大

その後、別の色のヤグルマギクも咲いた。
お天気が悪かったり、夜しか見られなかったりで、
全部の写真を撮ることができなかった・・(涙)

これまでに咲いた色
・青1色
・薄い水色1色
・薄いピンク1色
・濃いピンク1色
・青色 (少し紫がかっている) で中央は濃い青色
・薄い水色 (少し藤色っぽい) で中央は青色

たくさん種をまいて、発芽後に10株を残して残りは間引き
したのだけど、ほどよくいろんな色の株が残ったみたいで
良かった。
でも来年こそは一重咲きのを咲かせたいな。
八重咲き (ぽんぽん咲き?) だと、あまりヤグルマギクっ
ぽくないし。写真左下のピンクのなんてアザミみたいだも
んねぇ。



木枯し紋次郎 

テレビで「木枯し紋次郎」を放送していたので見た。
主演は江口洋介さんだ。

木枯し紋次郎は、1970年代に中村敦夫さん主演で放送
され、空前の大人気番組となった。
私はこの番組が死ぬほど好きだった。
一見クールでニヒル、でも本当はあったかくて人情味が
ある・・そのギャップが紋次郎の魅力であり、強烈な個性
となっていると思う。その紋次郎を演じるのは中村敦夫さ
ん以外考えられない! そう思っていた。
・・でも今回江口洋介さんが演じる紋次郎も気になったの
で見てみることにした。(^_^;)

予想以上に良かった!
途中、江口紋次郎を見ていて、会いたかった人にようやく
会えたような気がして、感動で胸が打ち震える瞬間もあっ
たり。・・おおげさ?(笑)
心配していた「違和感」はほとんど感じることがなかった。
笹沢佐保氏の原作が一緒だから当たり前なんだけど、
紋次郎のセリフとか口調が新旧ほぼ同じだし。(^_^;)
でも下手な役者さんだったら同じセリフでも違和感感じた
と思う。江口さんは、紋次郎らしさをよく演じていた。
新旧の二人を比較すると、江口紋次郎は、中村紋次郎に
比べると、よりあったか味があって、「渋さ」が足りないか
な??(^_^;)
上條恒彦さんが歌う主題歌「だれかが風の中で」を昔の
ままに使っていたのも違和感なく見られた要因じゃないか
と思う。これは嬉しかった。そしてこの曲をマカロニウエス
タン風にアレンジして使っているのも良かったな。一匹狼
のガンマン的な感じのある紋次郎にとってもマッチしてい
たと思う。
あと、中村敦夫さんが酔っ払い爺さんの役 (爺さんだが
滅法強い!) で出ていたのがビックリ。チョイ役だけど存
在感あったね?

紋次郎見て、特別好きでも嫌いでもなかった江口洋介
さんが好きになった(笑)
できれば、毎週レギュラーで放送してほしい!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。