スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんきん特別便 

社会保険庁から送られてくる「ねんきん特別便」、会社を
通して受け取った。
ねんきん特別便には、社会保険庁で分かっている年金の
加入月数が記載されていた。記載内容に間違いがないか、
もれがないかを確認して返送するようになっている。

さいわい間違いももれもなかったけど・・・
でも、厚生年金記録については、次の三つの異なる問題
が指摘されているのだ。

1.記録漏れ
2.コンピューター記録と原本の紙台帳との食い違い
3.標準報酬月額の改ざん

加入月数が合っているということは、1の記録漏れについ
ては心配ないと思う。でも、ねんきん特別便には、金額が
記載されているわけではなかった。なので2の紙台帳との
食い違いや、3の改ざんについてはまだ安心できないよ
うな気がするんだけど・・・。

・・しかしもし正しい金額で年金がもらえたとしても、普通に
生活できる水準には程遠いと思う。食べるのがやっと、と
いう気がする。いや、家賃と光熱費を払うだけで精一杯か
もしれない。
ああ・・・老後のことを考えると気が滅入る。(-_-;)


スポンサーサイト

「往々にして」 

「往々にして (おうおうにして) 」
辞書で調べてみたら、物事がしばしばあるさま、という意
味らしい。調べてみなくても、なんとな?く意味は分かって
いたけど実際には使ったことのない言葉だ。

先日勤務先の会社で会議があり、他の部署の人も多数
出席した。知らない人たちばかりだ。
うちの部署からは私 (女) と直属の上司 (男)が出席。
他の部署の中にも女性がいた。でも名札には「課長」とか
「○○代理」とかの表示がなく、その女性が「ヒラ」なのか
「役付き」の人なのかは分からなかった。でももしかしたら
役付きの人かもしれないと思った。その理由は・・・

彼女は私とはまるで違う話し方をしていた。言葉遣いが
しっかりしていて上品な感じもする。服装もちゃんとしてい
るし。・・私なんて、まるで子供のような話し方だし、着てい
る物もポロシャツとコットンパンツという、およそOLらしくな
い服装。つーか、会社の服装規則に違反している。(-_-;)
んで、その女性の発言を聞いているうちに、彼女が役付き
だと「確信」した瞬間があった。(←大げさ)
発言の中で「往々にして」という言葉を使ったのだ。
・・・おうおうにして? ・・聞き慣れないし、言い慣れない。
というか、過去まったく使ったことがない言葉だ。
なので意味がすんなり理解できず、頭の中で反芻して、よ
うやくその言葉の意味を思い出した。
彼女が役付きであるという決定的な理由ではないけど、こ
の言葉を使うことにより何故かそういう気がしたのよ。

最初は、私と同年代に見えるその女性と自分を比べて、
自分は恥ずかしい・・と思っていたんだけど、、、
でも、彼女が役付きなら話しは別よ。役付き手当ての中に
言葉遣いや服装代も含まれているんだから。
・・と、無理やりこじつけ、自分を安心させた。(^_^;)


100円銀貨 

昔の古い100円玉が知らないうちにお財布の中に入ってい
たらしい。

お財布から100円玉を取り出して、自動販売機に入れたら
お金が返却口に戻ってきた。そのお金・・その丸い金属は
100円玉とは少し違うように見え、かと言って、ほかの種類
の硬貨にも見えなかった。
なので一瞬偽造硬貨かと思った。
でも、よく見てみたら、昔の100円玉だった!
これはラッキー! こんなこと滅多にないもの。きっとどこか
のお店で貰ったおつりの中に含まれていたのね。
自販機以外なら現在も使えるけど、使わずにとっておこう♪

WIKIPEDIAで調べてみたら、この100円硬貨の素材は、銀
60%、銅30%、亜鉛10%でできており、れっきとした「銀貨」
のようだ。現在発行されている100円硬貨は「白銅貨」で、
銀はまったく含まれていない。

銀貨か??。
良い響き♪


↓これ。昭和38年発行のものだ
RIMG1506_1.jpg RIMG1505_1.jpg



肘からボルト 

母の「肘 (ひじ)」からボルトが飛び出してきた。
肉を突き破って・・。(-_-;)

母は今年1月に肘間接を骨折して手術を受けた。
ボルトを埋め込んで折れた骨を接合する手術だ。
あれから8ヵ月。・・実は、この8ヵ月の間に、同じ左肘の別
の関節も骨折した。(-_-;) 幸い今度は骨が欠けただけなの
で手術はせずギプスで固定するだけですんだ。

本来ならどちらの骨折も治り、自由に腕を動かせるようにな
る頃なのだが・・しかし母は、曲げるとボルトが肘に当たって
痛いからボルトを抜く手術をしてから動かす練習をすると言い
張った。まったくリハビリをせず、病院にも行こうとしない母。

1ヶ月ほど前、肘から血が出るようになった。
小さな傷だったのが「おでき」になった。しかも膿が出ている。
どうやら傷口からバイキンが入ったらしい。
私が病院に行けと言っても母は言うことをきかなかった。
私は毎日包帯を取り替えてあげていたのだが、日々大きく
なる「おでき」を見て、
「このまま放置しておくと腕を切断することになるよ!」
と脅した。それでも病院に行こうとしない頑固な母。

3日前の水曜日、母はあまりの痛さにご飯を食べる気力もな
くなり一日中寝ていた。そこでようやく病院に行く気になったら
しい。翌日は木曜日だ。私は仕事があるので一緒に行ってあ
げられない。なので、病院までのタクシーの乗り方や、病院で
は必ず処方箋をもらって (こっちが請求しないとくれないのだ)
向かいの薬局で薬を買ってくることなど、口をすっぱくして母に
説明した。というわけで、私は
「薬をもらって化膿したおできを治す」ことを考えていた。
・・しかし、事態は思いも寄らぬ方向へ。

病院から私の仕事先に電話がかかってきた。
緊急手術および緊急入院・・だそうだ。
あのおできの正体・・ボルトが肉を突き破って外に飛び出して
いたのだった。(-_-;)
骨に埋め込んであるボルトが外に出るとバイキンが骨の内部
に進入して骨髄炎をおこす恐れがある。そのためこのまま入
院して緊急に手術をするとのこと。

・・しかし、母は今まで病院に行かなくてよく平気でいたね。
母は肘のおできが自分では見えなかったに違いない。
私は毎日包帯を買えるたびに目の前で見ていたから、こっち
が怖くてたまらなかったよ。


ひっつめ髪の良い点悪い点 

トラックバックテーマ
第564回「あなたは今どんな髪型?」

上半分をひっつめて、頭頂部後ろあたりでしばっている。
昔の映画で吉永小百合ちゃんがしていた髪型に似てい
るかな。お嬢様風・・っていうか。(^_^;)

この髪型って便利。
長い間髪をカットせず放置しっぱなしだと、いくらブローで
セットしても収拾がつかなくなってしまうが、この髪型なら
誤魔化せるのだ。
ほかにも良い点はある。
耳の上あたりの髪をうしろに向けて引っ張っているので
頬の肉も同時に引っ張られる。なので鼻の横から口に
かけてのしわ・たるみ (ほうれい線) が多少は目立たな
くなるのだ。若く見えるってことね。

ただし悪い点もある。
一日中この髪型にしていて、縛っていた髪をほどくとき、
地肌がすんごく痛い。髪の生え方向に逆らってひっつめ
ていたものを元の方向に戻すからだ。
そして、生え方向に逆らったり元に戻したりを毎日毎日
繰り返して数ヶ月たったとき、髪質が非常に悪くなってい
ることに気づく。・・髪質が悪くなるというより、新しく生え
てきた毛自体の髪質が悪い。本来ストレートの髪質なの
に、「ちりちりパーマ」のような毛となって生えてくるのだ。
特に、生え方向に一番逆らっている部分の、耳の上辺り
がジョワジョワ?って感じ。(-_-;) ・・これ、20代の頃、
この髪型を数年間続けて気づいた。。。

便利な髪型だけど、しょっちゅうこればかりだとあとで
大変なことになるのだ。


植物日記 その74 その後の植物たち 

先日の日記に書いた「ももこりん」。
太陽の出ている間しか花びらが開かないらしく、購入して
以来花の開いている姿を見ることができなかった。
でも! ようやく見ることができた。買ったときは二つしか
咲いていなかったのに、現在六つも咲いてた!

RIMG1457.jpg


猛暑の夏の間、元気のなかった「フクシア」。
ツボミはたくさんついていたものの、ツボミのまままったく花
を咲かせず成長が止まったようになっていた。でも最近ちょっ
ぴり涼しくなったせいか、また花をつけるようになった!

RIMG1428.jpg


真夏の間にすっかり枯れて、まるでミイラのように干からび
た状態になっていた「ヤマアジサイ」。
あきらめ半分で根元10センチ残して枝を切ったのだった。
その後ふっか?つ! 新しい葉っぱが密集して生えてきた!

RIMG1420.jpg


冬に花を咲かせるはずの「ガーデンシクラメン」。
なぜか今咲いているんだけど・・・。(^_^;)

RIMG1425.jpg


以前の日記で三つ花が咲いたところまで写真をUPした
「サギソウ」。現在七つ咲いている! ・・でももうツボミは
ないので、今年はこれが見納め。・・さみしい(涙)

RIMG1423.jpg


読書挫折・・(涙) 

前回の日記に書いた「仮面の男」。
ストーリーも素晴らしかったので、アレクサンドル・デュマ
が書いた原作「仮面の男」 (「鉄仮面」を改題) を読むこと
にした。

しか?し!
これが3ページで挫折(汗)
・・・なんか、すんごく恥かも。(-_-;)

挫折した理由。
それは、夢中で読むことができなかったから(涙)
このままダラダラと読み続けても10日ぐらいかかりそうだ
と思った。(推理小説なら一気に読める)
・・なんか文章が難しくてストーリーに入り込みづらいのだ。
この本が書かれたのは1850年だ。古典文学に分類される
と思う。日本で翻訳本が発行されたのも昭和29年とかなり
古い。登場人物が国王とか伯爵なので、彼らのセリフが
一般庶民には聞き慣れない言葉だったりする。
そのせいか非常に読みにくい。・・でもここ15年ぐらい読書
というものをしていなかったので(汗)、本自体読み慣れてい
ないせいもあるかもしれない。

・・と、言い訳を言ってみたけど(汗)、、
実は私は読書が苦手なのかもね・・。(-_-;)
・・この本、いつか読めるときがくるのかしらん?

ところで、話は変わるのだけど、約15年ぶりに文庫本を
買って、その値段の高さに驚いた。
文庫本なのに1冊1,050円よ!
私の記憶にある文庫本の値段は、400?600円ぐらい
だったような。。もっと昔だと300?400円ぐらいだったと
思う。

本って、本って、、異常に値上がりしてない??


仮面の男 

新しいパソコンが使えるようになったので、久しぶりに
GyaOで映画を見た。

見たのは「仮面の男」 (1998年アメリカ)。
文豪アレクサンドル・デュマの「鉄仮面」を映画化したもので、
太陽王と呼ばれたルイ14世と、鉄の仮面をかぶらされた上
に投獄された謎の男、そして国王の親衛隊長ダルタニアン
と年老いて引退したかつての「三銃士」らを描いた作品。

・・映画の存在は知っていたのだけど、主演がレオナルド・
ディカプリオなので、ちぃ?っともそそられず(笑)、今まで
見たことなかった。
でも!これが予想外に素晴らしい作品だった。
久々の感動?! 見終わった後の清々しさ!
見て良かった!と素直に言える作品!

ディカプリオはともかく(汗)、
三銃士と親衛隊長を演じた4人のオジサンたちが素晴らし
かったの?! ・・その4人とは、
ジョン・マルコヴィッチ! ジェレミー・アイアンズ!
ジェラール・ドパルデュー! ガブリエル・バーン!
どうよ! この面々!!
豪華すぎてもったいな?い!(笑)

個人的にはマルコヴィッチが一番のお気に入り。
うん、彼がいちばん光ってたな??
頭頂部の薄いロングヘア (←頭頂部が光っているわけで
はない、念のため) って、、見た目カッコ良くないけど (^_^;)、
でも! 彼はこの上なくカッコ良かったのよ!

この映画を見たら、きっと誰もが4人のおじさんたちに惚れ
ると思うの! 女性に限らず男性もね!


植物日記 その73・ピンクのリンドウ 




お花屋で一目惚れ。
ピンクのリンドウ、その名も「ももこりん」。

ももこり??ん♪

と、つい呼んでみたくなる(笑)
このももこりんは、ふつうのリンドウと違って
草丈が低い。今のところ5?6センチぐらい。
ちっちゃくて、とっても可愛いのだ。


パソコン修理 その3 

修理に出していたパソコン、先日取りに行ってきた。
修理屋の話によると、故障したマザーボードの代わりに新しい
ものをメーカーから取り寄せたが、初期不良が見つかり、また
新たにマザーボードを交換したとのことだった。
・・取り寄せたものが不良!?
え?、そんなことってあるの!?
修理屋の話によると、よくあることらしい。
PCはどんどん新しい商品がでるため、古いPCはどんどん
販売中止になっていく。そのため部品自体も新しく生産しなく
なる。なので故障のため部品を交換する場合、新品ではなく
「使用済み部品をメンテナンスしたもの」が送られてくることが
あるらしいのだ。
私のPCは2年前に購入したものだが、調べてみたらすでに
販売中止商品になっていた・・・・。

さて、どんな部品と交換しようが、PCが直れば良い。
幸いハードディスクは無傷だったためリカバリの必要もなく、
データはそのまま残っていた。
デジカメで撮った写真とかあきらめていたので、これは
ラッキーだった♪ お気に入り登録やメールなんかもそのまん
ま残っているしね。

ところで修理屋さんって、PCに保存されているデータとか
画像とか、盗み見る人っていないのかなぁ?
すっぴんで写した自分の写真を保存してあるんだけど、、
これ、見られていたら最悪。(-_-;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。