スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得意料理 

今日のトラックバックテーマ
「得意料理はなんですか?」

それはね、自家製さつま揚げ!
レシピも見ずに適当に作ったら、偶然美味しく出来たのだ。
会社にも持って行ったら好評だった。・・とは言っても、、実は、
さつま揚げだと思われずに、チキンの唐揚げと間違われたん
だけど・・(汗)
その原因は・・実は私が作るさつま揚げは、さつま揚げと言っ
ても白身魚を使わないのだ。白身魚の代わりにエビ、アサリ、
貝柱、イカなどが入っている冷凍のミックス・シーフードを使う。
・・これ、さつま揚げとは言わないかも?(^_^;)

一応レシピ↓
ミックス・シーフードを流水で解凍して小さく切る。それをすり鉢で
すりつぶす。(小さく切っておかないとなかなかすりつぶせない)
塩、醤油、酒、味醂、生姜汁、片栗粉を加え(←分量は適当・汗)、
ネギのみじん切り (小口切りでも良い) を混ぜ合わせる。
んで適当な大きさに握って揚げる。

注意点: 魚介類は水分を含んでいるので油がすんごくすんごく
飛び散る。鍋に近づけないぐらい飛び散る! なので、お鍋の
フタを盾にすると良いかもね。


スポンサーサイト

国際恋愛・国際結婚 

今日のトラックバックテーマ
「国際恋愛・国際結婚はできますか?」

私にはムリだと思う。国際恋愛って懲りてる。(-_-;) 実は昔、
ガイジンと付き合っていたことがあるのだ。・・ガハハ(汗)
相手は片言の日本語で、私も英語が話せないので辞書持参
で単語調べながら会話してた(笑) 日常英会話が少しずつ
身についてきた。その点は良かったと思う。
懲りた理由は、言葉の壁ではなく、
付き合っていて、常に国民性の違いを感じたからかな。

よく「日本人はシャイ」とか「日本人は言いたいことを言えない」
とかって言われているけど、外国人から見たら本当にそうなん
だと思う。自分も付き合っていた人によく言われた。
ガイジンってストレートにモノを言うのよね。英語混じりの日本語
でもストレートに言われていることは伝わってくるのよ。
そういう言い方に私 (日本人) は慣れていない。言われるとけっ
こう傷つく。
ストレートに言わないことは、日本人の悪い面でもあり、逆に
良い面とも言えるんじゃないかな??

ところで、私は「流暢な日本語を話すガイジン」がキライだ(笑)
流暢な日本語で、言いたいことをストレートに言われてご覧よ。
片言の日本語じゃないから意味がハッキリ伝わってくる。
傷つくというより、むかつくね。これは付き合っていた人のこと
ではなく、彼の友人が開いたパーティに行ったときに出会った
ガイジンのことだ。

実は私はマーティ・フリードマンがキライだった。
彼も流暢な日本語を話すから。パーティで出会ったアイツのこ
とを思い出す。(-_-;)
以前ロックバーのドッケンに行った時、マスターがテレビに映っ
ているマーティを見て、
「マーティって、ホント可愛いなぁ?」と言っていたんだけど、
私にはマーティのどこが可愛いのか理解できなかった。
私には流暢な日本語がナマイキに聞こえる。
でも、その後、堺正章の料理番組にゲスト出演したマーティを
見て、気持ちは変わった。意外とシャイで可愛らしいところが
あると分かったから。(^_^;)

本題に戻って。
今現在の気持ちは、国際恋愛・国際結婚する気持ちはない。
でももし目の前に好きなアーティストが現れたとしたら・・・
例えば、ウルフ・ホフマンとか(笑)
そしたら私の気持ちも変わるかもよ?ん。
・・なんて、、現実離れしすぎ。(-_-;)


Y&T 来日公演 

6月21日の土曜日、Y&Tのライヴを見に行ってきた。
会場は川崎クラブチッタ。

お馴染みの"From The Moon"から始まって"Rescue Me"や
"Midnight In Tokyo"、そして"Forever"などの名曲がずらり、
最後はエンディングのドラマティックなギターが素晴らしい
"I Believe In You"で締めくくった。
知らない曲もたくさんあったのだけど、、
んで、デイヴさんの英語が私には分からなかったんだけど(汗)、
でもでも、楽しくてしょうがなかった。
とっても良いライヴだった?

デイヴ・メニケッティのギターを生で聴きたい!
ファンならきっと誰もが思うだろう。
私はロック・メタルなY&Tが好きだが、実はブルース風の
インスト曲、"I'll Cry For You"が1番の目当てだった。
デイヴさんは全身全霊かけて、ギター弾くことに身を捧げて
いた。魂のこもったギターを聞かせてくれたデイヴさんの演奏
は素晴しかった。・・なんかね、空気と共鳴していたような気
がする。思わず宙を見つめてしまった。音が目に見えるわけ
でもないのにね(笑)
あ?、生で聴けて良かったよ。すんごく感動した!

ライヴ後、ネット友達のAKIOさんと2年ぶりの再会をした。
ライヴの前にもメールしあって楽しい時間を過ごしたり。
おかげで待ち時間が退屈せずにすんだ(笑)
AKIOさんによると、ライヴ後のサイン会でデイヴさんはファンの
一人一人とお話しをしたようだ。デイヴさんは、ファン思いの
良い人だね!


植物日記 その66・オリヅルラン 

先日の日記にオリヅルランの子株が生えてきたと書い
たのだが、今度は、その子株の近くに花が咲いた!

RIMG3938_p50.jpg

オリヅルラン (折鶴蘭) は、名前に「ラン」とついている
が、ラン科の植物ではなくユリ科の植物。
うん、オシベとかユリによく似ている。でも、とってもとっ
ても小さい花。小さいけど、とっても可愛らしい。
子株の方は・・・もしゃもしゃ葉っぱが生えてきて、ちっ
とも可愛らしくない。(-_-;)

子株がますます伸びて、なんか恐竜の首みたいになっ
てきた。ほら、草食恐竜のブロントザウルスとか。

RIMG3968_p50.jpg


子株と言えば・・
5/25の日記に書いたホタルブクロ。
生えてきた子株、植え替えるのが面倒なのでそのまま
放置しておいた(汗)
親株の方はひととおり花が咲いて新しいツボミもいっぱ
い付き始めたんだけど、、
なんと、子株にもツボミが!!
早いね?!凄いっ!

RIMG3956_p50.jpg

・・しかし、鉢の中の根っこ、そうとう窮屈なことになって
いるんだろうなぁ。。

ちなみに私の母はホタルブクロのことを、
「雑草」と呼んでいる・・・
母が子どもの頃育った高知の田舎では、そこいらに
いっぱい咲いていたかららしい・・・


トイレが詰まった・・・・ 

朝、母が私を呼びにきた。
トイレが詰まったという。
朝ご飯食べたあと気分が悪くなって、トイレにもどしたら詰まっ
たらしい。(-_-;)

見に行ってみると床に水が溢れていた。・・が?ん。
便器内の水位も高いままだ。なかなか流れそうにない。
とにかく床の拭き掃除をしなくては。
「ゴム手袋とかしなくていいの? 汚い水が手についちゃうよ。」
と、私の心配をしながらも、自分では後始末をやろうとしな
い母。(-_-;) 

拭き掃除をしたりバケツを洗っている間も水位は一向に下が
らず。なので業者に来てもらおうと思い電話した。
そしたら、「ラバーカップ」を使ってみたかと聞かれた。
ラバーカップとは、お椀型のゴム製トイレ吸引カップのことだ。
よく「スッポン」と言っているアレのことね。
大抵はこのラバーカップで詰まりは解消するらしい。
業者に頼むと修理費1万円、でも今日は休日なので1万5千円
かかると言う。
「お金がもったいないからラバーカップを使った方がいいですよ」
と業者に言われた。親切な業者だ。
しかし、そうは言ってもうちにはラバーカップがない。
なので結局来てもらうことにした。
業者がラバーカップで2?3回スッポンスッポンするとたちまち
直った。1分もかからず。あとは何度も水を流して完全に流れる
かどうかの検査だけ。というわけで10分ほどで終了。
休日料金で1万5千円のはずだったが、すぐに終わったからと
1万円にまけてくれた。
・・1万円の内訳は、ほとんど出張費だと思う。(-_-;)

そこで一句。
「ラバーカップ、一家に1本必需品」 


植物日記 その65・種とか子株とか実とか 

今日の植物日記は、花ではなく、種とか子株とか実とか。

●ビオラ
去年の冬からず?っと咲き続けているビオラ。
最近は花が咲いてから枯れるまでが早くなってきた。
こまめに花がらを摘んではいるものの、摘み忘れがあっ
たようで種ができていた。

↓ビオラの種。・・なんか、虫の卵みたい。(^_^;)
RIMG3924_p50.jpg


●ガーデン・シクラメン
これも花がらの摘み忘れがあったらしい。
かなり大きめの実がなっていた。
・・しかし、シクラメンって冬の花よねぇ?
未だに咲いているなんて凄い!

↓シクラメンの実 (種?)
RIMG3926_p50.jpg


●カタバミ
ハイビスカスを挿し木した鉢にカタバミが生えてきた。
カタバミは生育旺盛な雑草だ。・・カタバミをそのまま放置し
ておいたらハイビスカスが枯れてしまった。(-_-;)

↓カタバミの種。1.5センチぐらい
RIMG3929_p50.jpg


↓こちらはカタバミの花。直径1センチ弱の小さな花。
RIMG3902_p50.jpg


●オリヅルラン
オリヅルランの名の由来は、ランナーと呼ばれる茎の先の
子株が折鶴のように見えることから名前がついたらしい。
約1年前に購入したウチのオリヅルランも子株が伸びてきた。

↓ぴょ?んと伸びているのがランナー。その先っぽについて
いるのが名前の由来となった子株
RIMG3873_p50.jpg


上の写真だと一見花に見えるけど、拡大すると葉っぱの
かたまりだということが分かる
RIMG3891_p50.jpg


●イチゴ
最初に実がついたのは5月20日頃。でもすんごく小さいし、
形もいびつなので今まで写真を載せなかった。その後また実
がなるのを待ち続けていたんだけど、、それっきり(涙)
でもまだあきらめてないよ!
私は考えた。・・今までは受粉できなかったから実がつかな
かったのね。幸いまだ花が咲き続けている。なので「蜂」の
代わりに、私が指でチョンチョンつついて受粉させている。

↓唯一1個だけついた実。1.8センチぐらい (5/22撮影)
080522_0723~03

実は・・イチゴの実がもっと大きくなるまで待とうと思い、収穫
せずにおいておいたら・・・・・・腐った。(-_-;)


地下鉄の情報誌 

東京メトロ (地下鉄) の「副都心線」が6月14日に開通する。
地下鉄の駅には、無料のパンフレットや小冊子が置いて
あり、副都心線の情報が載っているのだが・・・

勤務先の先輩が、その情報誌に私が載っていたと言うのだ。
一人の先輩だけでなく他の部署の人数人からも言われた。
情報誌には、試運転の副都心線の電車と、ホームに立ってい
る人の写真が載っていて、そのホームの人が私だと言う。
会社の更衣室ではその話題で盛り上がっていたらしい。
まず誰かが
「これ、ミッチさんじゃない?」と言い始め、
「ミッチさんに間違いない!」
「絶対、ミッチさん!」
「紛れもなくミッチさん!」
と、口々に言っていたそうだ。

半信半疑で、(ちょっぴりワクワクしながら) その情報誌を
見せてもらった。

!!!!!

顔、写ってないじゃんっ!

その写真は、横から写した全身の姿で、顔は髪で隠れていた。
女性だというのは分かる。多少太り気味。年齢は顔が見えない
ので不明。

・・・ま、たしかにね。顔は見えなくても全体の雰囲気は私その
ものって気がする。ぽっこり出たお腹やお尻とか、腕まくりした
腕の形とか、体のラインがソックリなのだ。(-_-;)
着ている服や靴やバッグも私のものとよく似ている。
でも、、私じゃないと思う。
だって、私は写真の場所 (ホーム) に行ったことがない!

・・でもさ?、顔が写っているわけでもないのに、
「載ってた。」とかって、ふつう断言する?
体型だけで私だと決め付けるなんて失礼な奴らめ。(-"-)


MADE OF HATE / BULLET IN YOUR HEAD 

made_of_hate.jpg
MADE OF HATE / BULLET IN YOUR HEAD

ポーランドのメロディック・デスメタル・バンド、
MADE OF HATEがすんごく良い!
所有しているのは輸入盤CDなので、バンドの詳しいことは分か
らないが、メンバーはギター二人、ベース、ドラムの4人で、
リード・ギター兼ヴォーカルのMIKE KOSTRZYNSKIがアルバムの
全曲曲を書いているようだ。

さて、メロデスを聴くにあたり、自分にとっては楽器が非常に
重要。通常、バンドの特徴を表すのにVoも重要だと思うが、
デス声で歌っている場合、Voの声を聴いてバンドを特定できる
かどうかというと、全般的にノーマル声と比較すると難しいと思う。
なので楽器がより重要になってくると思うのだ。

MADE OF HATEは楽器を表現することの楽しさ、面白さを実践し
ているバンドだと思う。弦を響かせ、ギターを歌わせ、各楽器の
見せ場が散りばめられているところがクラシックの管弦楽的・・と
は言っても大仰シンフォニックというわけではなく、バラエティに
富んだ楽器の表現で曲が構成されて行っているという感じがする。
また、Voはメロディを (コードを?) 歌っているし、デス声の中では
比較的聴きやすいところも良い。

私にとっては聴きやすいだけでなく、初めて聴いたバンドなのに
とっても馴染み深い感じがする。その訳は・・・
実はフィンランドのメロディック・デスメタル・バンド、
チルドレン・オブ・ボドムによく似た雰囲気を持っているのだ。
チルボドほど流麗ではないし、洗練されている感じでもないん
だけど・・・もしキラキラ・キーボードがあったらチルボドそっくりに
なっちゃうんではないかと思うぐらいよく似ている。・・きっと彼らは
チルボドが大好きなのね。
最近、チルボドを聴いても以前ほどトキメかなくなった私(涙)
MADE OF HATEを聴いてトキメキを感じた。


↓ココで音楽が聴けます
http://www.myspace.com/madeofhateofficial



写真の日 

1日遅れちゃったけど、昨日6月1日は「写真の日」だった。
以前は写真と言えば、旅行に行ったら撮るものだった。
なので1年のうちに数回程度。
でも最近はよく撮る。頻繁に撮る。
ほとんどがブログに載せるための写真だ。(^_^;)
頻繁に撮るのは、デジタルカメラに替えたせいもある。
フィルムがいらないし、失敗したら削除できるし、プリントす
る必要もない。
なので写真撮影がグンとお手軽になったと思う。

私がブログに載せている写真。・・ほとんどがお花の写真だが、
実は何十枚 (時には100枚以上) 撮影して、その中から選んで
載せている。
何十枚撮ってもまったく気に入らず、その日のUPは断念して
また次の日に撮影し直すこともある。んで結局妥協の1枚を
選ぶ。(-_-;) ・・・写真1枚載せるのにこんなに何枚も撮って
いるのって、私だけかも?(^_^;)

というわけで、私のパソコンの「マイピクチャ」フォルダには、
何千枚ものボツになった写真が保存されているのだ。・・最近
PCが重いのは、大量の画像を保存しているせいかしらん?

さて、6月1日、写真の日に撮ったのは、前回の日記に載せた
フクシアの写真だが・・・
何十枚も撮ったのに、それでも気に入らず、結局トリミングして
構図を変えてしまった。(-_-;)

あ?あ。
1回で「コレ!」っていう写真を撮れるようになりたいなァ。


植物日記 その64・またまたフクシア 

RIMG3840_t55_50.jpg


またまたフクシアが咲いた!
うちでは三つめのフクシア、
「エンジェルスイヤリング・アメジスト」だ。
昨日、ようやく1輪だけ花が咲いたのだが、生憎の雨模様。
でも今日はお天気が良かったせいか、たくさん花が開いた♪

・・実は、ネットショップの写真を見たとき、地味な花だと思っ
たのだけど、ほかのが売り切れていたので仕方なくこの品種
を買ったのだった。・・(^_^;)
でも家で咲くと、やっぱ可愛い??!

さて、1番最初に購入したフクシア。
ブログに遊びに来てくださるwancoさんのご協力により品種名
は「ウィンストン・チャーチル」と判明。(記事はこちら )
実は、まだ買って間もない頃、写真撮影に夢中になっているう
ちに、フクシアの上にカメラを落としてしまったのだった。(-_-;)
そのとき私はカメラよりフクシアちゃんを心配したね。
不安は的中。・・枝が折れた(涙)
折れた枝をそのまま捨てるなんてとてもできなくて、プリンの
容器にミズゴケのお布団を敷いて、その中に差しておいた。
あれから1ヵ月。なんと根が生えてきた!
凄いね?。フクシアって凄い生命力!
・・しかし、いつ土に植え替えたらいいんだろう?・・悩む。(-_-;)


RIMG3799_p50.jpg

RIMG3850_ne50.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。