スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りフツフツ 

宮崎県で登校中の児童が犬に襲われたというニュースを
見た。犬に噛まれて児童4人が重軽傷を負ったようだ。
かわいそうに。さぞ、怖かったことだろう。
この犬は飼い犬で、飼い主が知らない間に檻から逃げたらしい。
動物を飼うなら、しっかり管理しろ!と言いたい。

んで日頃から思っていること。
しつけのできていない犬を散歩させるな!と私は言いたい。
ペット禁止のアパートで犬を飼うな!と言いたい。
エレベータの中に犬を抱えて乗り、
「このあいだ、犬を怖がった人がいたから抱いてないと。(^_^;)」
と私に言うのはヤメロ。
その怖がった人物は私なんだから。



スポンサーサイト

SCORPIONS / HUMANITY HOUR 1 つづき 

前回の記事
「外部ライターの名前がギッシリ書いてあるのを見て愕然」と
書いたけど、それがこれ。↓
http://metalquiz.web.fc2.com/scorpions_humanity_hour_1.htm
もう、ほんとにギッシリよ。(-_-;)
全ての曲にメンバーの名前はあるけど、ルドルフとクラウスの
コンビもなければ、他のメンバー同士のコンビもないし、
メンバー全員で作った曲もない。
1曲につき、メンバーより外部ライターの方が人数多いんだから。
納得いか?ん!!!
・・と言いつつ・・良い曲ばかりなのよ、これが。

アルバム聴き始めて今日で4日目。
もうすっかり馴染んでしまった。
でももっともっと聴きたくてたまらない。
もう聴くのやめられない状態。←これ、予想してなかった(笑)
だってクラウスが私に語りかけるんだも?ん。

そういや、今作ではルドルフ、クラウス、マティアスがちょうど
4曲づつ書いてる。
今作での注目株はマティアスかも!?
彼はけっこう切ない曲を書くんだな?
ルドルフの曲が好きな私だけど、クラウスが私に語りかけて
いる( とカンチガイした )曲は、マティアスの曲だった。


SCORPIONS / HUMANITY HOUR 1 

scorpions_humanity_hour_1.jpg
SCORPIONS / HUMANITY HOUR 1

最近はCDが発売になる前にネットで試聴できるけど・・
みんなが聴いて誉めているのを見たりすると、私も聴きたくて
たまんなくなったけど・・・ガマンした。
でもでも、私もついに聴いた!

ヘヴィィィィ??!!!!! でもバラードが多い。ギターはかなりヘヴィで
大好きだけど、あまりロックって感じがしないアルバム。
それと目新しさも感じた。・・初めて聴いたアルバムの新鮮さじゃ
ないよ。たとえばマノウォーやグレイヴ・ディガーなどは初めて
聴いたアルバムでもそのバンドらしさを感じるもん。この目新しさは、
影響力の大きいプロデューサーの起用によるものかもしれない。
1、5、6など・・サウンド的には、前作「UNBREAKABLE」を連想するが
ただ、色んな時代のSCORPIONSを感じた「UNBREAKABLE」と
比べると、「HUMANITY HOUR 1」 は前作以前のSCORPIONSを
感じなかった。

”Humanity”・・ネット上で最初に試聴できるようになった曲が確か
この曲だったはず。かなり評判が良かったので私も期待して聴い
たのだが・・・
個人的にSCORPIONSらしくないと感じた"Maybe I Maybe You"
(UNBREAKABLE収録)と同じ香りがする曲。でも、もう、
SCORPIONSらしいとか、らしくないとかではないのね。これが現在の
SCORPIONSなんだわ。・・と自分を納得させる。

・・SCORPIONSは変わったと思う。
「HUMANITY HOUR 1」は名曲がいっぱい詰まったアルバムだと思って
いるし、お気に入り曲もいっぱいある。でも、前作収録の
"Deep And Dark"や"Through My Eyes"のように100%ドツボの曲、
聴いた瞬間「これよ!これ!」と思う曲、、それがなかった・・あるとすれ
ば、"Your Last Song"のサビぐらい。それが悲しい。
CDの解説に外部ライターの名前がギッシリ書いてあるのを見て愕然。
私は「Rudolf Schenker/Klaus Meine」と表示されている曲がある
ものだと思っていた。SCORPIONSで大昔からお馴染みとなっているこの
コンビ。つまり作曲がルドルフで作詞がクラウスの曲・・それが1曲もな
かった(涙)・・なぜこの黄金のコンビで曲を作らなかったんだろう。
思いっきりドツボじゃないのは、このあたりに理由があるかもしれない。
とにかく50周ぐらい聴くまでは、ほかのCDは聴かない。でも2?3周聴い
ただけですぐに馴染んじゃうキャッチーさがある。

SCORPIONSのアルバムとしてはドツボじゃないけど良いものは良い。
これが私の感想。

収録曲・・数字はお気に入り度(5.0で満点)
1.Hour I ヘヴィ。パワフルなイントロは超カッコイイが・・4.2
2.The Game Of Life バラード風 ちょっぴり軽快な感じ 4.7 
3.We Were Born To Fly バラード 4.2
4.The Future Never Dies バラード。ころころ転調? 4.1
5.You're Lovin' Me To Death スローテンポでパワフル。
サビがキャッチー もうそれだけで好き 4.8
6.321 ノリのいいヘヴィなギターリフ(←ルドルフが目に浮かぶ) 
もうそれだけで好き(笑) 4.7
7.Love Will Keep Us Alive バラード・・切ない。でもどこか
スコーピオンズらしくない。・・どこか爽やかな感じがするせい? 
ギターのメロディが素晴らしい ギターのトリルも好き 4.8
8.We Will Rise Again バラード? アンニュイな雰囲気の曲 4.6
9.Your Last Song バラード?1番泣きたくなる曲。クラウスに
恋しちゃう曲。サビが特に良い 5.0
10.Love Is War バラード?中低音域のクラウスの歌が胸に染みる 4.8
11.The Cross ヘヴィ。エンディングの歌のバックで鳴ってるギターが
素晴らしい 4.6
12.Humanity バラード?Maybe I Maybe Youみたい 4.4


GRAVE DIGGER / LIBERTY OR DEATH 

Grave-Digger.jpg
GRAVE DIGGER / LIBERTY OR DEATH

ドイツのパワー・メタル・バンド、グレイヴ・ディガーの13thアル
バム「リバティ・オア・デス」を聴いた。
私が聴いた彼らのアルバムは、このアルバムと
「THE GRAVE DIGGER」の2枚のみ。
・・グレイヴ・ディガーの知名度、人気度ってどうなんだろう?
アルバム13枚も出しているんだから、結構ベテランバンドだと
思うんだけど・・・ネット友達の間で名前が出たことないような気
がする。なので私もグレイヴ・ディガーの存在を知ることができな
かった。私が初めて聴いたのもつい1年ぐらい前なのだ。
去年中古屋さんで発見した「THE GRAVE DIGGER」を聴いて
彼らのヘヴィなサウンドにシビレた私だったが、、でも、
絶対絶対オススメ!みんなに聴いて欲しい?!
とは思っていなかった(笑)
ヴォーカルさんの声にクセがあるし、メロディがイマイチ弱い
かな??と思っていたからだ。Voにあんまりこだわらなくて、
かなりのヘヴィ好きな人、かつ男臭いメタルが好きな人なら
気に入ると思うんだけど。

さて、私はそういう「かなりのヘヴィ好き」なので、彼らの新譜が
発売されたと知って迷わず購入した。
名盤だと思った「THE GRAVE DIGGER」よりメロディがかなり充実
してる。 美旋律メタルとまでは行かないが、馴染みやすいメロディ。
キャッチーなメロディをごっついヴォーカルさんが歌っていると
思うと、ちょっぴり笑える(笑)
ヴォーカルさんは絞り出すようなダミ声って感じの声なので、
クセがあるにはあるけど、ヘヴィ・メタルにピッタリの声だと思う。
メタルヴォーカリストらしい歌。
パワー漲る鋼鉄メタルだけどキャッチー。これが彼らの魅力だと
思うが、しかし彼らの本当の魅力は、強力なギターリフにあるん
じゃないかな。本当にシビレるんだから。聴かなきゃソン!って思う。
ギターは元RAGEのマンニ・シュミット。
マンニのギターは、RAGEでお馴染みだけど、グレイヴ・ディガー
で聴く方がカッコ良い。・・もちろんRAGEで聴くマンニの
ギターもカッコイイとは思っていたけど、シビレるほどでもなかった。
・・もしかしたらRAGEではピーヴィ(Vo/B)の強烈な個性に耳が
行くせいかもしれない。
このアルバムでは、タイトル曲"Liberty or Death"のギターリフが
特にお気に入り。強烈なリフなのに子守唄みたいに気持ち良いのだ。
激しいのに哀愁が漂っているとこも良い。
アルバム全体、リフだけでなくソロや歌のバックで鳴ってるギターも
素晴らしい。
マンニって、こんなにカッコ良いギターを弾く人だったのか!!!


サッカーくじ 

サッカーくじ買ってしまった。
掲示板で、kennさんのカキコにあった「サッカーくじ」、
私はサッカーチームに関してまったくの無知なので
サッカーくじとは縁のないものだと思っていた。
でも調べてみたら、「ビッグ」なら自分で勝ち負けを予想しなく
てもいいのね!

というわけで、さっそくネットで購入?!
ビッグ10枚とミニビッグ5枚。計4,000円。
・・しかし4,000円は使いすぎたかも。。
宝くじを宝くじ売り場で買う場合、4,000円分も買ったりしない。
でも「ネット」でCD買ったりダイエット商品買ったり化粧品を
買ったりする場合、1万円以上使ったりする。
・・なので、4,000円なら安いと思ってしまった。
ネットで買い物って怖い・・。(-_-;)

totoオフィシャルサイト



前向性健忘 

前回の日記に書いたテレビで見た映画とは、小泉堯史監督
寺尾聰、深津絵里主演による「博士の愛した数式」。
実は見るつもりはなかった。・・80分しか記憶が続かない男性
の物語。・・あらすじを知っていたので見るのが怖かったと言っ
た方がいいかな。。でも興味はあったので最後の方を少しだけ
見た。
これと同じ記憶障害を持つ主人公を描いたアメリカの映画に
クリストファー・ノーラン監督、ガイ・ピアース主演の「メメント」が
ある。・・ガイ・ピアースは好きなので見たかったが、こちらも
同じ理由で未だに見ていない。
一般的に記憶障害というと、「記憶喪失」がよく知られていると
思う。過去の記憶は失うが新しい記憶は積み重ねられる。
しかし上に書いた2本の映画では「前向性健忘」・・発症以前
の記憶はあるものの、それ以降は数分前の出来事さえ忘れて
しまう症状。

さて、何故見るのが怖かったかというと・・
以前テレビのドキュメンタリーで前向性健忘の事例を紹介した
番組を見たことがあり、かなりショックだったのだ。番組を見て
から何年も経つけど、未だに心をかすめることがある。
そんなわけで、2本の映画はフィクションとして捉えることが
できず、またあのショックを思い出すのが辛いから映画を見るこ
とができない。

そのドキュメンタリーの内容とは・・
男性Aさんは交通事故で意識不明の重態に陥る。
そして意識が回復したときAさんの記憶は事故以前のものは
残っているが、新しい記憶は30分ほどで忘れてしまうのだった。
発症から数年たって子供が成長しても彼の記憶にある子供は
幼児のままであり、成長した息子が自分の子どもだとすぐには
認識できない。その日1日のうちに自分の記憶障害を理解しな
がら子供に接していても、また翌日には自分の息子は幼児に
戻っているのだ。毎日それの繰り返し。もちろんAさんも映画と
同じように「メモ」をして対処するが・・・。Aさんは30分で記憶を
失うので仕事につくこともできないし、外出も満足にできないよ
うだった。
回復の見込みはないようだったが、朗報もあった。
「数字」に関しては覚えられるようなのだ。生活面での何気ない
記憶と数字の記憶では、脳の記憶中枢の働きが違うせいら
しい。なのでAさんは数字を使った記憶方法を独自に考えて
工夫していた。・・それでも万全とは言い難いが・・
Aさんの記憶障害は「事故」が直接の原因ではなかった。
意識不明の間の点滴に問題があった。点滴にビタミン投与を
行なわなかったためだ。
「医師がビタミン投与を怠ったことに責任がある」のは明らか。
しかし医師は、通常、点滴にビタミンの投与を含めるか否かは
家族からの依頼がなければしないと主張。
短期点滴の場合はそれで事足りるだろう。しかしAさんのように
長期に渡った点滴の場合、ビタミン投与をしないと記憶障害が
発症する場合があると分かっていたはずだ。
医師の態度に憤りを感じ、またAさんやご家族のことを思うと
同情の気持ちでいっぱいになった。前向性健忘という記憶障害
を初めて知った番組でもあり、私はかなりショックを受けた番組
だったのだ。


起立と礼 

昨日、テレビの映画を見ていたら、学校で授業を受けている
場面があった。授業の開始と終了のとき、
「起立!礼!」の掛け声で生徒たちは立ち上がり、先生に
向かって礼をする。
・・起立と礼・・すっかり忘れていたのだが・・そういえば私も
学生時代に起立と礼をしていた。小学校から高校の12年間の
間に約3万回も起立と礼をしていたことになる。それなのに、
「そういえば・・」程度の記憶しかない。なぜこんなにも記憶が
薄れているのかというと、(私の学生時代が遥か遠い昔だとい
うこともあるが・汗) 起立と礼をする意味を深く考えていなかっ
たからではないかと思う。
授業の始まりと終わりの合図というか、一種の儀式のような
もので、 「決められているからするもの」であり、惰性や習慣の
ような感覚があったと思う。
でも映画での授業の場面を見て、ようやく本来の意味に気づいた。
立って礼をするということは、授業をしてくださった先生に対し、
教師を敬い感謝の意を表す意味があるんだと思う。・・頭では
分かっていたとしても気持ちは伴っていなかったね。(-_-;)
今頃気づくなんて自分は大ばかだ(涙)
しかし気づいたからと言って、もしこれから学生をやり直すと
仮定しても、やはり惰性で起立と礼をしそうな気がする。(-_-;)


MANOWAR / GODS OF WAR 

manowar_gods.jpg
MANOWAR / GODS OF WAR

マノウォーの新譜をようやく聴いた。
よく言う世間での賛否両論ではなくて、、
自分の中で賛否両論・・(涙)
いやいや、この言い方は正しくないな。
だって、傑作アルバムだと自信を持って言えるから。
「GODS OF WAR」は神話が基になったコンセプトアルバム。
まるで劇を見ているような・・一大叙事詩のような音楽なのだ。
曲単位でも素晴らしすぎるくらい素晴らしい。
んじゃ、なにが不満?
・・それは、メタル曲が少なすぎること(涙)
1曲目のオーケストラによる長いインストから始まって
3曲目にようやくメタル曲が登場。
LOUDER THAN HELLでマノウォーにハマった私にとっては
しかもハマってから1年も経ってない私にとっては、
メタル曲をたっぷり聴きたい!という思いがあるのだ。

劇みたいだと書いたが、戦場を表すような効果音や、
ナレーションがところどころ入っている。1時間20分(!)も和訳を
見ながらなんて聴けないよ(涙)
CD買うとたいてい20周は聴くんだけど・・このアルバム、20周は
キツイ。
とは言っても、King of Kings 、Sleipnir 、The Sons of Odinの
3曲は超お気に入り。
King of Kingsは疾走曲でアルバムのハイライトじゃないかなぁ?
Sleipnirは、すぐに歌えてしまうキャッチーさ。っていうか、もう
一緒に歌いたくてたまらなくなってしまう。The Sons of Odinは
ベース音も雄々しく、まさにマノウォー!・・思わずニヤリ(笑)
メタル曲じゃなくてもお気に入りはある。
友との絆を歌ったBlood Brothersの、なんと美しいこと。涙なしで
は聴けないよ。
タイトル曲のGods Of WarやOdinは重々しい曲なんだけど、メタル
的な「ヘヴィさ」とはちょっと違う。・・楽器の使われ方によると思うん
だけど・・・なんとなく、、演歌っぽいと思ったり(汗) でも好き(笑)
しかしこのアルバムを聴くと、マノウォーは、どんな曲を作るにして
も素晴らしいメロディを書くバンドだということがよく分かる。
ヴォーカル・ハーモニーも美しい。美しいメロディを歌う美しく勇壮な
ハーモニーは聴き手を惹きつける。
長いアルバムだけど、全体像が掴みやすいアルバムだと思った。

というわけで、素晴らしいアルバムには違いないけど、
「愛聴盤」になるかというと・・・う?ん、、どうだろう。・・私としては
メタル曲のいっぱい入ったアルバムの方がこの先何年も聴き続け
て行くような気がする。でも今はマノウォーのファン歴が短いせい
かもしれない。そのうち、もっともっと好きになる予感もある。


豆乳ヘルシークッキー 



今年中に10キロ痩せるのが目標なのに、、
ダイエットサプリも乗馬マシンも劇的な効果が表れない(涙)
というわけで、またまたネットでダイエット商品を購入(汗)
それは「豆乳ヘルシークッキー」
1キロ×2箱・・2キロのクッキーを買ってしまった。
低カロリーで栄養バランスは良いらしい。
3食のうち1食のみ普通の食事の代わりにクッキーを食べる。
1回につき7?10枚程度が目安で、食べ過ぎると逆効果らし
い。・・・んで、食べてみたけど、、小さいので10枚食べても
食べたって気がしないのよ、これが(涙)
でもあんまり甘くなくて普通のクッキーのようには美味しくな
いので食べ過ぎずにすみそうかなぁ??

先日新しいブラウスを買ったんだけど、、
それはLサイズなんだけど、、
ボタンが留められなかった。(-_-;)
っていうか、いつも試着せずに服を買って、結局着られなかっ
た服が数枚あるのに、、またまた同じことを繰り返している。。

あの眠っている服たちをいつか着るんだぁ?!

スーツと赤ちゃん 

赤ちゃんで思い出した。
ベビー用品とは全く縁のない私だけど、赤ん坊を抱っこする時の
紐のような布のようなものが知りたくてネットで検索してみた。
これこれ↓「ベビースリング」と言うらしい。
http://www.cele-baby.com/

先日、会社の帰り、通勤で利用しているバスに赤ん坊を抱いた
男性が乗ってきた。その男性は30代後半ぐらいでグレーの
スーツを着ており、会社帰りのサラリーマンという風に見えた。
彼はオレンジ色の格子模様のベビースリングを使って赤ん坊を
抱いていた。男性が、しかもスーツを着た男性がベビースリングを
使っていると、ひじょ?に目立つ。オレンジ色が袈裟懸けになって
いる後姿は更に目立つ。
男性はバスの優先席に座り、赤ん坊を膝の上に乗せてベビー
スリングと格闘していた。まだ使い慣れていないようだ。
・・なんだか気の毒・・と言うか、、涙を誘う光景・・というか。。
と言いつつ、、「スーツと赤ちゃん」・・この組み合わせから、
アレコレ想像を働かせる私なのであった。(←好奇心旺盛。汗)


伊右衛門のおまけとカーネーション 

070513_1549~01.jpg

ペットボトルのお茶「伊右衛門」の今回のおまけは「手ぬぐい」。
6種類ぜんぶ集めた!
布巾として使えるし、ハンカチ代わり使っても良いかもしれない。

洗濯ハンガーに吊るしてみた。
070513_1231~01.jpg

・・なんか「おしめ」みたい(笑)
ちなみに私が赤ん坊の頃は「おむつ」ではなく「おしめ」だった(汗)
母は、「おしめと言えば・・」と話し始めた。
・・だから、おしめじゃないんだってば。(-_-;)

私が赤ん坊の頃、洗濯して干してある「おしめ」が落ちていると、
それを赤ん坊の私がヨチヨチ歩いて拾い、母のところに持っ
て行ったそうだ。母は、
「ミッチは落ちてるおしめが自分のものだと分かる賢い子だったよ。
最近、赤ん坊の頃のアンタをよく思い出すのよね。・・そういえば、
あのコはどこに行ったんだろう。・・ああ、なんだ、ここに居た!
ってよく思うのよ。」
と言うのだ。母は最近この話をよくする。
・・う?む・・・ついに、ボケが始まったかも。(-_-;)
つーか、赤ん坊の私をイメージした直後に今の(オバハンの)私を
見るのはヤメテほしい(涙)
でもま、現実から逃避したい気持ちはよく分かる。まるで小姑のよ
うに母に小言を言う可愛くもなんともないオバハンの私より、
可愛らしい赤ちゃんが自分の子どもだと思う方が幸せだもんね。

そういえば今日は母の日だった。
カーネーションを贈ったよん。

070513_1408~01.jpg




日本語テスト 

ATSUさんのブログの記事に、大学生の日本語レベルの
低下について書かれていた。
・・私もレベルが低いかもしれない。。
自分の実力を知りたい!と思い、ネットで検索してみたら
「ATOK日本語テスト」を発見!
http://atok.com/test/

まず「第1回日本語テスト」を受けてみた。
・・結果は63点。「ふつうです」と表示された。。
ほぼ平均点だが、けっこうショック。(-_-;)
特に漢字が弱いようだ。
次に気合を入れて「第2回日本語テスト」を受けてみた。
今度は81点!
「よくできました」って表示された。わーい、嬉しい(笑)
しかし解答の傾向を見ると、やはり漢字が弱い。(-_-;)

第2回日本語テストの問題には
「漢字力」、「語彙力」、「マナー」、「敬語」、「文法」、「表記力」
の六つの傾向があるのだが、どれも学生時代より社会人になっ
てから身についたような気がする。学校の授業で勉強することは
大事だけれど、社会に出てからの「実践」や「経験」も大事。
中学生レベルの大学生も社会に出ればレベルが上がるかも
しれないね。


デス声苦痛度と楽器演奏好き度 

先日の日記に書いたSONIC SYNDICATEが気に入って
しばらく聴いていた。
この調子で行けばもしかして私もデス声克服できるかも!?
とか思って別のメロデスバンドも聴いてみた。
メロデスは楽器演奏は気に入ってもデス声を克服できず
挫折したバンドがいくつかあったのだ。
デス声苦痛度より楽器演奏好き度が上回っていたら、
好きになる可能性はある!

CHILDREN OF BODOM
元々好きだから聴き直す必要もないんだけど、
聴きたいので聴いた(笑)
弾む弦と突き刺さる音とキラキラ。
メロディもリズムも美しい。
各楽器が生かされている音楽だと思う。
フォロー・ザ・リパー素晴らしい!\(~o~)/
そうそう、チルボドのVo・・デス声に感じなくなってた(笑)
デス声苦痛度0パーセント。
楽器演奏好き度100パーセント。

AMORPHISもお気に入りバンド。
デス声苦痛度は20%ぐらい。楽器演奏好き度は80パーセン
トぐらいかなぁ? 彼らの音楽の場合、「哀愁度」100パーセント
が加味されるのだ。

さて、アルバム買った当初はデス声の苦手だったIN FLAMES。
「COLONY」を久しぶりに聴いてみた。
おお!? IN FLAMESもデス声には感じなくなってる。
IN FLAMESは印象的なギターのメロディを弾くバンド。彼らは
メロディック・デス・メタル・バンドの代表格だと思うけど、
デスメタルのメロディック判って感じではない。デス的要素が
あまり感じられないと思う。
普通に正統派ヘヴィ・メタルで良いんじゃない??
デス声苦痛度0パーセント。
楽器演奏好き度90パーセント。

さてさて、次は「いつかは聴ける時がくるかしらん?」と思って
いたARCH ENEMYの放置アルバム「DOOMSDAY MACHINE」
(実は1周聴けずに途中で挫折したアルバムなのだ。汗)も
今なら克服できるかもよ??とか思って聴いてみた。
・・うぅぅ、、考えが甘かった。(-_-;)
ARCH ENEMYはデス声苦痛度が上回ってる。(-_-;)
楽器演奏は素晴らしい。ギターのメロディを聴くとときめく。
しかし・・歌が始まると・・い、いかん、邪悪な声が心臓に突き
刺さる。。寿命が縮んだかも・・。この邪悪さは魔女的・・美人の
魔女じゃなくて、ワシ鼻で顔にイボイボのある婆さん魔女ね。でも
このイメージは、たぶん歌っているのが女性だと知っているから
かもね。もし知らずに聴いたら、きっと男性だと思い込んで、
もっとすんなり聴けたかもしれないんだけど。。
もしデス声未体験の人が聴いたらチルボドもARCHも同じような
野獣の咆哮に聞こえるかもしれない・・・でも今の私は歴然とした
違いを感じる。・・真正デスメタルのクリプトプシーあたりを
(苦痛に耐えながら)聴いて鍛えれば(笑)、ARCHは難なく聴けるよ
うになるかもね。

というわけでコロニー聴いてIN FLAMESに俄かにハマり (今頃
遅すぎ) 、さっそくCD買いに行って来た(笑)
「WHORACLE」、「COME CLARITY」、「LUNAR STRAIN」、
「CLAYMAN」の4枚購入?!


DEEP PURPLE / 1974 CALIFORNIA JAM 

070504_0950~01.jpg

ディープ・パープルが74年に行った野外ライブを収録した
DVD「カリフォルニア・ジャム」を見た。
凄いっ! 素晴らしい!すんごく楽しめた!
ハードロックの原点を感じたね。
ディープ・パープルが偉大なバンドだということを実感でき
るライヴ映像だと思う。
デヴィッド・カヴァーディルはモゴモゴした声が私の中の
イメージから抜けていないんだけど、、でも!彼の熱唱は
凄い!と思った。聞き手を惹きつける歌だと思う。
ディープ・パープルのファンでもファンじゃなくても、
全てのロック好きにお薦めしたい!!

でも言いたいこともある。
リード・ヴォーカルは二人もいらない、と思った。バッキング・
ヴォーカルならともかくね。それにグレン・ヒューズ映しすぎ。
もっとリッチーやカヴァを映せばいいのに。
1番印象に残ったのはグレンの足だったりするし(笑)

↓グレン・ヒューズの足
blog0503-1.png



赤ちゃんポスト 

今日テレビのニュースで熊本市慈恵病院の「赤ちゃんポスト」に
ついて放送していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000015-maip-soci
↑この記事によると、さまざまな事情で親が養育できない新生児を
匿名で預かる設備となっているけど・・
テレビの映像で「赤ちゃんポスト」(小窓になってる)を見て、小窓から
赤ん坊をそっと中に入れて立ち去る母親の姿が思い浮かんだよ。。
・・これって、「捨て子」ってことよね。
赤ん坊を育てられなくて死なせてしまう母親がいるから、こういう
施設が出来たのだと思うけど・・・安易に赤ん坊を捨ててしまう母親
もでてくるんじゃないかなぁ?
赤ちゃんポストのおかげで死なずにすむ赤ん坊はいるだろう。
でも、なければないで、なんとか自分で育てようと頑張る母親だっ
ているかもしれない。

・・病院で預かった赤ん坊はどうなるんだろう?
子供が欲しい家にもらわれて行くんだろうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。