スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青竹踏み 

070228_2101~01.jpg

青竹踏みってダイエットにも健康にも良いらしい。
ホンモノの青竹は見つからなかったのだけど、
プラスチックの「足踏み竹」が売っていたので買ってきた。
これにはイボイボがついているので、足裏のツボをより
刺激してくれそうだ。

さて、10分間青竹踏みをすると良いらしいので、
さっそくやってみたのだが・・・・
1分続けるのもツライよ、コレ。
だって、ひと踏みするだけで物凄く痛い??(涙)

つまり足踏みするってことは、一瞬とは言え、片足の足裏の
一部、約25平方センチメートルの面積に私の全体重が
のしかかるということなのだ。
なので、すんごくすんごくすんご?く痛い。

あ?・・ホンモノの青竹がほしい。 



スポンサーサイト

マイケル・シェンカー・グループの来日公演に行って来た! 

今日は、去年の11月17日に途中で中止になってしまった
MSG来日公演
の振替公演が行なわれた。
マイケルのギターが心配だったのだけど・・・・・ムフフ、
すんばらしかった?!!!!!!

最初、1曲目の”Assault Attack”が始まった時、Voのヤリさん
の声が物凄くよく聞こえたので、マイケルのギターが聞こえづ
らいような気がした。でも、途中の3連のアルペジオから
ギターソロに続く部分で、やっと耳がギターの音を捉えた。
(11月の時はマイケルのギターを聴いた気がしなかったので)
なんか、ようやくマイケルのギターを聴いているという実感が
沸いてきて、涙がじわ?って出てきた。
私はギターのテクニックについては分からないけど、
ライヴが進むにつれて、マイケルのギターはどんどん冴え渡っ
ていったような気がする。
ソロだけでなく、歯切れの良いギターリフも気持ちよかった。
”Into The Arena”のイントロも気持ちがスカーッとするような
ギターを聴かせてくれたしね。この時も感動して涙が・・・
最後の曲、”Rock Bottom”のエンディングのソロは、特に
素晴らしくって、絶好調!って感じがした。最後の最後で
マイケルはサイコーのギターを印象付けたよ。

それとマイケル自身、「ノッてる」って気がした。
11月の時は、ず??っと、うつむいていて客席を見ていなかっ
たと思うんだけど、今日は、前傾姿勢から姿勢をピンと伸ばし
たり、ソロでは後ろに反り返ったり、前後左右に体を揺らし
たり(←兄さんのルドルフみたいだった)、んでサビではマイク
に向かって歌ったり、ヤリさんのマイクでも一緒に歌ったし。
そうそう笑顔も見せたりね。マイケルは楽しんでいるように見
えた。マイケルが楽しければ私たちも楽しい。

そうそう、Voのヤリさんが、しょっちゅうマイケルを見ていた。
表情までは見えなかったのだけど、なんか(演奏放棄を恐れて)
心配そうに見てるような気がしてならなかった。・・私は、そんな
ヤリさんが気の毒だった。・・考えすぎかしら?ん??
マイケルの演奏を聴けば、そんな心配は無用だということは
分かるのだけど、、でも、自分も最後の最後まで心配だった。
とにかく最後まで演奏してくれてよかった?

セットリストは去年と同じじゃないかと思うけど、知らない曲も
あるので(汗)一応私の記憶と2chを参考にして・・↓

01.Assault Attack
02.Are You Ready To Rock
03.Let It Roll
04.Dust To Dust
05.Love Trade
06.Shadow Lady
07.Lights Out
08.Into The Arena(ベース・ソロ、ドラム・ソロ、ギター・ソロ)
09.But I Want More
10.Too Hot To Handle
11.On and On
12.Only You Can Rock Me
13.Armed & Ready
14.Attack Of The Mad Axeman
Encores
15.Arachphobiac
16.Doctor Doctor
17.Rock Bottom


携帯用心電図 

マラソンで思い出したんだけど・・・

数年前、勤務先の会社に新入社員の男の子が入社してきた。
仮にA君としよう。
そのA君が入社して数日経ったときだった。
彼の着ている上着のすそから、なにやら電気のコードみたいな
ものがはみ出しているのが見えた。
私は、てっきり携帯音楽プレイヤーのコードがはみ出ている
のだと思った。仕事中に音楽聴くとはケシカラン!とか思って、
(・・・ああ、よせばいいのに)
「何か、はみ出てますよ。」と冷たい口調で言った。
すると、彼は上着をめくり、ズボンのベルトに取り付けてある
小型の「機械」を見せてくれた。・・そして彼は言った。

「ボク、これがないと生きていけないんです。」

がぁぁぁ??ん・・・私ってば、なんてことを・・
ハッ・・・そういえば。。
「今度の新入社員は"不整脈"があるらしい。」と、上司たちが
話していたのを思い出した。
不整脈!?・・不整脈ってなんだろう?・・心臓の病気!?
・・私はショックを受けたね。A君が重病だったということも、
自分が余計なことを言ってしまったことも・・・

それ以来、私は彼のことが気になって仕方なかった。
恋愛感情とかではなく、いつか心臓発作でもおこすんじゃな
いかと心配でしょうがなかったのだ。
でも普通に仕事しているし、具合が悪そうでもない。
うんうん、元気そうでよかった。

それから数ヵ月のち、会社で「マラソン大会」が開催された。
なんと、A君も参加するらしい。
ええっ!? そんな、走ったりして大丈夫なの!?
という、私の(密かな)心配をよそに、A君は走り始めた。
だって、あの「機械」は?・・普段は上着で隠れているけど、
今はTシャツしか着てないから「機械」を隠しようもないはず・・
でも「機械」を取り付けているようには見えなかった。
心臓病は、もう治ったのかしら??・・まさかねぇ???
マラソンのあいだだけ外しているのかしらん?
でも彼はあの機械がなければ生きていけないはず・・・・

A君が転勤して出て行くまでの数年間、私は彼のことが、
ず?っと気がかりであり、自分の発言に対しても、ず?っと
後悔し続けていた。

さて、彼が転勤してさらに数年・・
私の健康診断で、自分にも「不整脈」があることが分かった。
・・A君とおんなじだ。。
でも不整脈には、悪い物と特に心配のないものと二通りあるら
しい。それを検査するために、24時間の心電図を記録できる
「携帯用心電図」を取り付けることになった。

あーーー! こ、この機械は!!

も、もしかしてA君の、あの機械と同じもの!?
・・結局、私の不整脈は心臓病の心配はないものだった。
ってことは、平気でマラソンをしていたA君も、なんでもなかっ
たんじゃないのぉ?
しかもあの機械は、あの日1日だけしかつけてなかったのよ!
きぃぃ?! 私、A君に騙されたのねっ!

ああ・・A君を心配し続けたあの数年間はなんだったのだ・・・


お腹引っ込め運動と腹痛の因果関係 

・・なんか、お腹が痛い。
お腹周りの贅肉をとりたいので、普段、歩いている時も座っ
ているときも仕事中も、意識的にお腹を引っ込めるようにして
いるんだけど・・・
つい気が緩み、ぽっこり出てしまう。なので、家で
「お腹を思いっきり引っ込める時間」
というのを設けて、実行する。
まず腹式呼吸で息を吐く。
そうすれば胃の辺りが自然に引っ込む。
そのまま息を吐いた状態で、今度は下っ腹を、これ以上引っ
込まないってくらいまで、むぎゅぅ?っと、引っ込める。
これを10回以上繰り返す。
・・そしたら、お腹が痛くなった。。
もしかして内臓に悪影響が!?
腸が窮屈な思いをして悲鳴をあげているのかも?
・・そういえば、ウエストのきついスカートやズボンをはいたり
ベルトをきつく締めると内臓に悪いっていうもんね。

もう、絶食して痩せるしかないのかなぁ・・・・


レコードのジャケット 

レコードの時代は、よくアルバムジャケットを眺めながら
音楽を聴いていた。
んで、CD時代の今はというと・・長時間眺めることは
なくなってしまった。・・せいぜい30秒ぐらいかな。。
CDでは小さすぎて、インパクトが弱いもんね。ジャケ絵の
細部も見づらいし。

大昔、特に見入っていたレコードジャケットが2枚ある。
1枚はこれ。↓
loveatfirststing_75.jpg
スコーピオンズの
LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)

白黒の陰影が非常に美しく、芸術的なジャケットだと思う。

もう1枚は写真ではなく、「絵」のジャケット。
ここで、いきなりだけど、

メタルクイズ?!(笑)
ジャケ当て編!

私が昔特に見入っていたもう1枚のアルバムジャケットとは・・
非常に写実的な絵で描かれている。
なので、細かいところに目が行くのだ。
柔らかい布地の「けばだち」とか、
顔の「うぶ毛」とか、
細かく刻まれたシワとか、
髭1本1本の綿密さとか、
歯のエナメル質の感じとか、
舌のざらざら感とか、
金属の光沢とか、
ガラスの質感とか・・・
不条理な現実を写実的に描いた、まさに
シュールレアリスムな世界!?

さて、私がこんなにも見入っていたアルバムとはなんでしょ??
・・簡単すぎたかな(笑)

正解はコチラ
特大画像(A4サイズぐらい)はこっち



ビスカヤ / 北欧の戦士 

biscaya54.jpg
ビスカヤ / 北欧の戦士

CDのガイド本だったかに、ビスカヤの「北欧の戦士」が
素晴らしいというようなことが書いてあったので聴いてみた。

・・う?む・・よく分からん。
何が分からないのかと言うと、、彼らの音楽性が・・・
アルバム数枚聴けば分かってくるのでは・・とは思うけど、
ビスカヤは、この「北欧の戦士」1枚しか発表していないらしい。
1984年発表の作品だそうだ。
・・84年というと、ハードロックからヘヴィメタルに移り変わっ
た頃の時期かな??
そういう時期に発表したアルバムだけど、このビスカヤ、
ヘヴィ・メタルというよりは、ハード・ロックに近いように感じる。
北欧のバンドなんだけど、イギリス風に感じる。
それはね、私が知ってるバンドの中では、
ディープ・パープルを連想したから。
Voの感じからY&Tって感じもする。
忙しそうな感じがヴァンデンバーグに似た感じもする・・
・・いや、「忙しそうな」っていうのは語弊があるな。
すんごく勢いがあって活きがイイ!・・と言い直してみる(汗)
そんなビスカヤだけど、この勢いが2曲目までなのだ。
2曲目までは、ハード・ローック!!!
でも、3曲目以降はというと、バラードやら、
どう聴いてもクラシック音楽!なインストや、
(ベースのメロディラインが) ジャズ!?って思う曲だったり、
それがまた途中からポップな感じになったり。
・・う?む、、バラエティに富んでるアルバム・・と言えなくも
無いが、色々ごちゃまぜって感じがする。
なので、どうも音楽性がつかめないのだ。
でも! 1、2曲目の"Howl In The Sky"と"Fools"が
すんごいカッチョイイので聴いてよかった。
この2曲の路線で2nd以降のアルバムを出せばよかったのに
って思った。


新しい洗濯機がほしい 

いまどき2槽式洗濯機を使っている家なんて、ウチぐらいの
ものかもね。。
いまどき容量2.8キロしかない洗濯機を使っている家なんて、
やっぱウチぐらいのものだろう。。
今日、私は3回も洗濯機を回した。
溜め込んだ洗濯物(汗)を洗濯槽に放り込んでスイッチをいれ
たけど、重すぎて回転してくれない(涙)・・結局3回に分けて
洗濯することに・・(-_-;)
毛布を洗う時は、コインランドリーに行ったりする。
うちの洗濯機では、洗濯槽に入ることは入るけど、やはり
重すぎて回転しないのだ。脱水槽には狭すぎて入れることす
ら出来ない。
コインランドリーには感動するぐらい大きな全自動洗濯機が
置いてある。毛布も余裕で洗濯できるのだ。
最初に洗剤と柔軟剤を所定の場所に入れておけば、
洗濯機が脱水まで自動的にやってくれるし。
・・ああ、ああいう洗濯機がほしいなぁ。。
んでネットで調べてみたら、今は
「乾燥機付き全自動洗濯機」が主流みたい。
容量も、9キロ(!)っていうのが売ってた。凄いねぇ?
新しい洗濯機を買うのなら、やはり最新のものがほしいなぁ。
しか?し! 十数万円もするのよ、これが。
う?む・・悩む。

ちなみに母は手で洗濯している。
なので、もし私が新しい洗濯機を買ったら、きっと母は、
「そんなお金があるんなら、美味しいもの食べさせてよ。」
って言うに違いないよ。(-_-;)


TAKEN BY FORCEへの思い・・つづき 

この「TAKEN BY FORCE」は、レコードとCD( 2001年に
東芝EMIから発売のデジタルリマスター盤)では、
"The Sails Of Charon"、
"Born To Touch Your Feelings"の2曲に違いがある。
レコードと同じものはCDでは出ていないのかの問合せメール
をもらったこともあった。・・この違いにガッカリしている人は
けっこういるかもしれないなぁ。。

"Born To?"については以前の日記にも書いたのだが、
CDでは、エンディングでの数ヶ国語の朗読で、日本語が
物凄くめだっている。上手な朗読ならともかく、すんごい
ヘタクソ。(-_-;) この日本語の朗読が美しい曲を台無しに
しているのだ(涙)・・聴くのが憂鬱でさえある。
でも! レコードで聴いてみたら、、
気持ちがパァ?♪って感じ。物凄く感動した!

もう一方の"The Sails Of Charon"。
レコードに収録されているものは、冒頭に地獄の風景を表し
ているような「音」が入る。しかしCDでは冒頭部分がカットさ
れているのだ。これについてはベスト盤(CD)でレコードと同じ
ものが聴けるのが嬉しい。
「BEST OF SCORPIONS(蠍団伝説)」(BMGビクター1989年)
に収録されている。↓
best_of_scorpions.jpg
あ、他のベスト盤では冒頭がカットされているので注意。
・・自分、ハズレのベスト盤を買ってガッカリしたし・・(涙)

さて、もうひとつ。
"He's A Woman - She's A Man"について。
この曲は、一部の人には熱狂的に愛される曲かもしれない。
・・実は、この曲、キライになりかけたことがある。
以前運営していたHPで、スコーピオンズの曲限定の
人気投票をしたことがあった。
その時"He's A Woman?"に票が集中し、ダントツ1位になっ
ていたのだ。・・たしかにカッコイイ曲だけど、ほかの名曲を
差しおいてダントツ1位になる曲とは思えない。一人の人が
毎日毎日、しかも1日に何度も投票しているに違いなかった。
「ひとりで同じ曲の投票禁止!」と表示しても、
ソイツは毎日投票しにやって来る。
なので私は管理画面で、票をごそっと減らす・・(笑)
でも次の日にはまた増えてる!
そんで私はまたまた減らす。(-_-;)
もう、毎日がソイツとの戦い!
ソイツのおかげで、私は"He's A Woman?"に憎しみさえ覚
えた(涙)・・この曲に罪はないのにね。
1日1回しか投票できないように設定したら、ソイツもそのうち
あきらめたようだった。
おかげで私もこの曲への愛が戻った!


TAKEN BY FORCEへの思い 

takenbyforce160.jpg
SCORPIONS /
TAKEN BY FORCE(邦題「暴虐の蠍団」)


「TAKEN BY FORCE」は1977年発表のスコーピオンズの
5thアルバム。ウリ・ジョン・ロート在籍の最後のスタジオ
アルバムである。
ボーナストラックを除いた8曲中3曲、ウリが曲を書いているが、
ウリはギターに専念、ウリ在籍時の4作品では、このアルバム
のみ全曲クラウス・マイネがヴォーカルをとっている。
このアルバムを聴くと、スコーピオンズは
「正統派ハードロック・バンド」だと、しみじみ思う。

収録曲
1. Steamrock Fever
2. We'll Burn The Sky
3. I've Got To Be Free
4. The Riot Of Your Time
5. The Sails Of Charon
6. Your Light
7. He's A Woman - She's A Man
8. Born To Touch Your Feelings
9. Suspender Love (ボーナストラック)
10. Polar Nights (ボーナストラック)

サビの印象から一見ポップな感じがするけど、実は意外と
ヘヴィな?、曲展開がドラマティックでクラウスの歌もウリの
ギターも堪能できる?、超ハードで攻撃的な?、
ヘヴィなギターが超カッチョイイ?、
ギターのリズムや音が美しい?、
典型的ハードロックの?、
異国情緒の漂う淋しげなバラード?と、名曲が詰まってる。
アルバムの代表曲は、???・・かな??(アルバムごと
好きすぎて客観的に判断できない)

私はルドルフの書く曲が、メロディおもいっきりツボで大好き
だけど、このアルバムに限って言えば、1番のお気に入り曲は
ウリが書いた?と?だったりする。ヴォーカル重視の私にして
は珍しく、ギターが印象的なこの2曲が死ぬほど好き。
わりとキャッチーでクサメロ的なルドルフの曲に比べると、
ウリの曲はけっこう複雑で、それほど馴染みやすいとは言え
ないと思う。なんか、ウリにしか書けないよ!って曲なのだ。
この2曲だけを1日中繰り返し聴いても飽きないよ。

スコーピオンズで1番好きなアルバムはどれ?と聞かれたら、
1枚のアルバムを選ぶなんてとてもできないけど、、
でも、ロック・メタル・アルバムの中で、1番思い入れの強い
アルバムは?と聞かれたら、
スコーピオンズの「TAKEN BY FORCE」と答えるかもしれない。
アルバムジャケットを見ただけで、ときめく。
どの曲を聴いても、ときめく。
「暴虐」という字を見ても、ときめいたりする。
そんぐらい好き。
「1番好き」とどこが違うんだ?と思うけど、、、やっぱ違う。
例えば、同じスコーピオンズの「BLACKOUT」も「TAKEN?」と
同じぐらい大好きなアルバムだけど、、思い入れで言うと、
それほどでもないのだ。・・なんでかなぁ?・・たぶん、私の中
では「TAKEN?」の方が歴史が長いせいもあると思う。

というわけで、このアルバムは客観的に見られないのだ。
私にとっては全曲名曲。ハズレの曲どころか「そこそこ」って曲
もない。とにかく全曲大好き!
このアルバムは聴き倒したっていうくらい聴いたけど、
そんだけ聴いてもぜんぜん飽きないアルバム。
大音量にして聴いてみると、まだまだ新鮮な発見があったりする。
聴いても聴いても、聴き足りないぐらい。

つづく・・


新しいメガネ 

070214_2355~01.jpg
(画像クリックで拡大されます)

先日の日記に書いたメガネ、今日出来てきたので、
さっそくかけてみた。
・・うう、、ぜんぜん似合わん。(-_-;)
買いに行ったとき試着はしたのだけど、、
レンズに度が入ってないから、鏡を見ても顔がよく見えなかっ
たのだ(涙)
・・・かけているうちに見慣れてくるかなぁ?

他にも問題が・・・
なんか、まつ毛がレンズにおもいっきりあたるんだけど・・
今まで使ってたメガネはメタル・フレームで、鼻あてが取り付
けてあった。でも今回買ったプラスチック・フレームは、鼻あて
が取り付けてなくて、フレームの一部(鼻あての部分)が、
ちょびっと出っ張っているだけ。
堀が深くて鼻が高い人は全然問題ないと思う。
でも私の場合、鼻がペチャなので(涙)、レンズが目すれすれ
までくっついてしまうのだ。
なので大して長くもないまつ毛でもレンズにあたってしまう。
・・そのうち、まつ毛が長くある必要性を感じなくなって
どんどん短くなっていっちゃうかも??・・げげっ(怖)

でも良い点もある!
レンズと目が近ければ、離れているより物が見えやすい。
他にも良い点があった!
目とレンズが遠いと、人が私の目をメガネ越しに見た場合、
(凹レンズなので)目がちっちゃく見えてしまう。
でも! 少しは大きく見えるようになったかも?!


憂鬱なバレンタインデーがやって来る 

・・ああ、明日は義理チョコの日だ。。
いや、バレンタインデーだ。。・・・とっても憂鬱。。
私はバレンタインデーがキライ。
とは言っても、心からチョコレートを贈りたい人に贈ることは
いいことだと思し、私も贈りたい人がいれば贈る。
私が嫌いなのは、「義理チョコ」を贈るということ。
だって、なんで贈りたくもない人に贈らなければならないの?

会社に勤めていると、女性社員は上司や同僚の男性社員に
チョコを贈ったりする。
バレンタインデーが近づいてくると女性社員たちは
「部長に贈る?」
「それとも係内の上司だけにする?」
「係内の女性一同で贈ることにする?」
「どーする?どーする?」
などと話し始める。
勝手に贈れば?? 私を巻き込むのはやめてよね。
って思う。(←心の中だけ) 
先輩たちには
「どうぞ。私除きで贈ってくださいな。」と丁寧にお断りする。

しかしバレンタインデーは、もはや行事化している。
そう、年末年始の挨拶みたいに国民的行事なのだ。
贈りたい気持ちはないのに、贈らなくちゃならない。
となると、義理チョコではなく、「義務チョコ」。
っていうことは、「国民の義務」ってことになってくる。
義務となると、精神的負担さえ感じる。
私は義理チョコなんて断じて贈らない!と割り切っているけど
国民の義務を怠ることは、まるで非国民のような気がして
肩身の狭い思いをするのだ。

・・・ああ、早く明日が終わらないかなぁ・・・


PRETTY MAIDS / WAKE UP TO THE REAL WORLD 

prettymaids160.jpg
PRETTY MAIDS / WAKE UP TO THE REAL WORLD

久しぶりにプリティ・メイズ。
プリティ・メイズは過去3枚しか聴いてないのだけど、正統派
ヘヴィ・メタルとハードロックが混ざっていて、そのほかにポップ
な曲や甘く切ないバラードも歌う・・そんな印象があった。
この最新作「WAKE UP TO THE REAL WORLD」も概ねそんな
感じ。でも以前と違うと感じたところもある。
ギターがすんごくヘヴィになってる! ポップなリフでもバリバリっ
て感じ。すんごくカッコイイ!
彼らの音楽はメロディも素晴らしい。馴染みやすいメロディだけ
どヤワではない。それは、ギターがヘヴィなことやヴォーカル
さんの唸り気味のシャウトから感じられる。すんごくパワフルな
アルバムだと思う!

私は疾走メタルが特に好きというわけではなく、むしろスロー
でヘヴィな曲が好みだ。でも、このプリティ・メイズを聴くに
あたっては、勢いのある曲が聴きたいと思っていた。
・・むふふ、入ってた!
哀愁の疾走曲 "Why Die For A Lie"が好きだな?
ちょっぴりデス声入ってるような歌い方も良い!
"Brave Young New Breed "もカッコイイ!・・これが1番好き
かも。・・何故か? 1番メタルっぽいから(笑)
ミディアムテンポの"Terminal Violence"も哀愁のメロディが
素晴らしい。この曲もメタルちっく。
"I Am The End"はプリティ・メイズにしては意外にもダークな
雰囲気だが北欧らしさを感じる曲。この曲もすんごく好き。

それとアルバム全体を通してギターソロが素晴らしいと思った。
とくに "As Guilty As You"、"Where True Beauty Lies"、
"Another Shot Of Your Love"の3曲のバラードにおける
ドラマティックなギター・ソロが凄く良い。・・胸を締め付けられ
るようなギター・ソロって久しぶりに聴いた気がする。

プリティ・メイズはカヴァー曲が楽しみなバンドでもある。
このアルバムでは、ディープ・パープルの
"Perfect Strangers"が入ってた! とってもヘヴィな仕上
がりになってる・・気がする。(オリジナルをしばらく聴いてない
ので比較できない。汗) ・・・う?む、プリーズ・ドント・リーヴ・
ミーやハードラック・ウーマンみたいなバラードだったら良かっ
たのに・・と思うのは私だけかしらん?


スティグマータ 聖痕 

パソコンテレビGyaOで映画を見た。
「スティグマータ 聖痕」1999年のアメリカ映画。

全米初登場1位になった映画だそうだ。
内容はスティグマータ(キリストが十字架に磔になったときに
受けた傷と同じ場所に傷ができる「聖痕」という現象)を扱った
オカルト的な作品。
美容師のフランキー(パトリシア・アークエット)は、突然手首に
穴があくという現象に襲われる。
科学者でもある神父アンドリュー(ガブリエル・バーン)は、
それが「聖痕現象」なのかを調査するためフランキーの元に
派遣されてくる。・・その後もフランキーの身に新たな傷が
できたり、何者かが乗り移ったような言動をおこすのだが・・

すんごくすんごく良かった!・・オカルト的な作品だけど、
でも! 私はラブ・ストーリーだと思った(笑)
主演のP.アークエットはそれほど美人だとは思っていなかっ
たのだけど、この映画ではとても美しかった。
堀の深い顔を強調したような映像表現が彼女を美しく、そして
神秘的に見せている。
んで、G.バーン。彼は同時期に発表された映画「エンド・オブ・
デイズ」で悪魔役だったので怖いイメージがあった。
でも!この映画で彼のイメージはガラっと変わった。すんごく
優しそう。聖痕現象の調査というより、フランキーを助けたいと
いう気持ちが物凄く伝わってくる。
「神父」という立場を捨てろ!と私はヤキモキ(笑)
二人(の恋)を応援したくなった。


足指鍛えて他人に迷惑かけない人生 

以前、「発掘!あるある大辞典2」で
足指をグーパーすると、体の血流が良くなると言っていた。
その結果、代謝率もアップするとのことだ。
・・ま、あるあるは例の納豆ダイエットねつ造の件で、ほかの
回もアヤシイと言われているけど・・
でも、自分が納得できればそれでいいのだ。
とにかく痩せたいので最近足指グーパーをしている。
信号待ちの時とかエレベーターの中とか、喫茶店でタバコ
吸っているときとか。
んで、歩く時は、足指で大地を掴むように歩く。
裸足で砂の上を歩いているような感じで足指に力を込めて
歩くのだ。・・これが結構疲れる。でも血流が良くなると思えば
苦にならない。
そんで、その後痩せたかと言うと・・そうでもないんだけど(汗)
でも! ほかの事で効果があった!
電車で吊革や手すりに掴まらなくても、よろけなくなったのだ。
そう! 足指を鍛えたおかげで、踏ん張る力がついたのよ!
以前は吊革に掴まらないと不安で不安で・・・だって、絶対よろ
けて他人に迷惑をかけてしまうもん。・・混雑してるライヴ会場
なんかでも、人がドーっと押し寄せてくると尻餅ついて他人に
迷惑かけちゃうし(汗)

足指が鍛えられて、少しは他人に迷惑をかけずに生きていけ
るようになったかもしれない。


駅の自動改札・その2 

私の自動改札通過時って、最大限の努力をしながらの通過
であって、常に「素早く」を意識して通っている。
・・・自動改札を「意識」して通ってるのは私ぐらいかもよ。
立ち止まらずに通っている人たちは、きっとなんの意識もなく
普通に通っているんだと思う。
つまり、
「みんな何故立ち止まらずに通れるんだろう?」という疑問は
悩んでも答えは出てこないのだ。
「私は何故立ち止まらずに通れないのか?」という疑問の方が
正しいような気がしてきた。・・(-_-;)

・・なんか、しょ?もない日記2連発・・(汗)


駅の自動改札 

いつも思うんだけど・・
駅の自動改札を通るとき、みんな何故立ち止まらずに通れ
るんだろう?・・・お年寄りは別として、約半数以上の人は
一瞬たりとも立ち止まらずに通ってる・・と思う。
定期券や切符を自動改札挿入口に入れるという作業が
あるのに、何故か立ち止まらずにスーっと通って行くのだ。

私はと言うと、後ろに人がいなければ2秒ぐらい立ち止まる。
後ろに人がいるときは、モタモタして後ろの人に迷惑をかけ
るのがイヤなので一生懸命素早く通れるように努力するん
だけど、どうしても0.5秒は立ち止まってしまう。

改札口の数歩手前から、挿入口に狙いを定めて定期券を
持った手を伸ばしつつ歩を進め、かつ足の動きを止めずに
定期券挿入?
そう思ってやってみたんだけど・・・・
数歩前からだと、挿入口に狙いを定めづらく、やはりモタつ
いてしまう。・・・う?む。
人々は何故立ち止まらずに改札口を通れるのだろう??
・・しょ?もないことで悩む私なのであった。(-_-;)


最上級極薄両面非球面プラスチックレンズ 

新しいメガネが欲しいと思い、メガネ屋さんに行ってきた。
今のメガネ、踏んづけてフレームが曲がってしまったのだ(汗)
んで、お店で色々見てみたんだけど、、
気に入ったフレームがひとつも見つからない!
置いてあるのは、ほとんどが金属のフレームで、プラスチ
ックのものは、ほんのわずか。そして大きめタイプより、今
流行りの細型タイプがたくさん置いてあった。
私は、プラスチックのフレームで、大きめのものがほしいのよ。
それでも良さそうなのを選んで何種類か試着してみたけど・・
鏡を見るとガッカリ。。どれも似合わないよ・・(涙)

選び始めてから随分時間が経ってしまった。・・気に入るメガネ
なんて一生見つからないかもよ(涙)
そんなとき、店員さんがひとつのメガネを持ってきた。
「これはいかがですか?」
あーー!!すんごく良い!! 初めて気に入った!!!
それは、プラスチック・フレームで、色は茶のようなピンクのよう
な紫のような・・それほど濃い色ではなく、流行の細型タイプよ
りは、少し大き目な感じ。
「コレ、どこにあったんですか!?」と思わず訊いてしまった。
店員さんがおしえてくれた女性用コーナーは、隅々まで見
たのに、見た覚えがなかったからだ。
「これはアルマーニ・コーナーから持ってきました。
この色なら女性がかけてもオッケーですよ。」
アルマーニ?・・ちょっと?、なんで最初にそのコーナーを
教えてくれないのよ?・・・時間を無駄に費やしてしまったでは
ないの。・・あ、「ブランド物には縁のないお客」と見られたのか
もね。・・うぐぐ。
値段は高いのだけど、、
でも! 他のメガネと比べると、とにかく良いので、
「コレにします! これに決めました!すごい気に入っちゃ
いました! 」と、すぐに買うことに決めた(笑)

さて、フレームにお金をかけてしまったけど、
レンズにもお金をかけた。
前回購入したのは7年前。そのとき1番薄いレンズで作って
もらったけど、ド近眼だからやはりある程度は厚いし、斜め横
から見ると顔の輪郭が段差になってしまう。
でもその後もっと薄いレンズが出たかもしれないと思い、
店員さんに訊いてみた。すると、店員さんは
「出ました!」と、嬉しそうに応えた。
お店で扱っているレンズの中で1番薄いレンズ、
いや、「世界で1番薄いレンズ」なのだそうだ。
最上級極薄両面非球面プラスチックレンズなんだって。
凄いね??
↓このレンズ
http://www.tokaiopt.info/lens/505570.php

しかし、一気に金欠になってしまった。(-_-;)


↓関連記事(メガネの画像あり)
http://metalquiz.blog63.fc2.com/blog-entry-183.html


夕陽のガンマン 


夕陽のガンマン(1965年)

パソコンテレビGyaOで映画を見た。
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ主演の
マカロニ・ウエスタン、「夕陽のガンマン」。
内容は、お尋ね者を捕まえて賞金稼ぎをするという、西部劇
では、わりとよくあるストーリー。
でも主演二人がカッコイイので、すんごく楽しめた!
口笛を使った主題曲も素晴らしかった。
この主題曲が流れる映画冒頭から惹き込まれる。音楽ととも
に拳銃のバキューン、ズキューン、バキューンという音が入る。
このバキューンにも、ときめいた。・・拳銃って人殺しの道具な
のに、この音にときめく私ってヘンかな。(-_-;)

しかし、クリント・イーストウッドって、ほんとカッコイイな?
190センチぐらいありそうな長身の細身の体も、スラっとした長い
足も、拍車をつけたブーツも、顔中のヒゲも、眩しそうに細める目も、
笑った時に出来る目尻から頬にかけてのシワも、細く高い鼻も、
くわえタバコも、マッチを擦る姿も、皮のぼろっちいベストも、
拳銃さばきも、立ち姿も歩く姿も。・・ああ、、すべてがカッコイイ。
バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティがイーストウッドの真似を
する気持ち、よく分かるよ。うん。

・・「続・夕陽のガンマン」も見たいなぁ。
GyaOで放送してくれないかなぁ。。

YouTubeでは夕陽のガンマン予告編が見られる。↓
http://www.youtube.com/watch?v=oCTfDydG7SE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。