スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執念! 

ネットで買い物をした。コレ↓
061128_2300~01.jpg

なんか、写真で見ると本物のエレキギターみたい。
実はコレ、ガムのおまけについてるミニチュアギターなのだ。
入れ物の箱には
「ミニチュアトイ付きチューインガム」と書いてある。でも
直径1センチぐらいの丸くて小さいガムがひとつだけ(笑)
おまけがメインの、「食玩」と言われている商品だ。
おまけにはミニチュアギターとギタースタンドがひとつづつ
付いてる。
ギターの種類は全9種類プラス・シークレットがあるらしい。
1個330円。これの10個セットを買った。
・・でも、ギター・・1種類かぶってた(涙)

タバコと同じぐらいの大きさ↓
061128_2233~01.jpg

061128_2244~01.jpg

一応「菓子類」なので、スーパーやコンビニなどで売っている
らしいのだけど、、どこを探しても売ってなかった。。・・きっと
もう売り切れちゃったのね。。ネット販売のお店も、何ヶ所も
見てみたけどどこも「完売」。オークションにも出てるくらいだし。
でも! あきらめかけていたとき、やっとやっと1か所売ってい
るところを見つけ出した。もう執念(笑) ・・・自分、ほとんど
ビョーキかも(汗)


スポンサーサイト

MSG振替公演決定!? 

またまたマイケル・ネタ(大汗)
先日の日記にマイケル・シェンカー・ネタはお仕舞いと書いた
のだけど、振替公演決定のメールが来たので、また書くこ
とにした(汗)

だって、だって、「うれし?い! ばんざ?い!」って気持ちじゃ
ないんだもん(涙)・・手放しで喜べないような、なんだか
複雑な気持ち。。。
メンバーに1パーセントの力も出してないと言われたマイケル。
この言葉が先入観となって、普通の演奏じゃ、きっと満足でき
ないと思うのよね。
最高の演奏を聴かせてくれなくちゃ、マイケルへの失望感は
拭えないかもしれない。。

・・つーか、ホントにホントに来るの?????

振替公演のお知らせ↓
ザックコーポレーション


リトル★ニッキー 


リトル★ニッキー(2000年/アメリカ)

ヘヴィ・メタル・ファン必見映画かもよ?!?

長い間ロックを聴いていなかった私がまたロックを聴くように
なったのは、
「ロック・スター」と「デトロイト・ロック・シティ」の二つの映画と、
そして俳優アダム・サンドラーのおかげでもある。
アダムは実生活でもロックが大好きらしく、彼の映画には
ロックのサウンドトラックが使われていたり、セリフの中にも
ロックのバンド名が出たりするのだ。

さて、そんなアダム・サンドラーが主演の映画、
「リトル★ニッキー」
魔王一家の末っ子ニッキーが地球を救うために大活躍する
コメディ映画だ。
この映画でもアダム扮するニッキーはヘヴィ・メタルが大好き。
主演だけでなく、製作総指揮・脚本もアダム。なのでロック・
メタルを映画に取り入れ放題!(笑)
ラスト近くではオジー・オズボーン(本人)が登場!!
メタルファンなら誰もが知ってる(?)彼の珍事件を映画の中
でもやってるよ!・・・しかし、アレをよくやらせたと思う。。
はっきし言って、くだらないおバカ映画なんだけど、凄い笑え
る映画だった。・・ひとり部屋の中で声出して笑ってた(汗)
メタル・ファンはすんごく楽しめる映画だと思う!


マイケル・シェンカー・ネタは、これでお仕舞いにする 

あちこちのニュースサイトに載っていた記事を見てショックを
受けた。マイケルは、とうとうバンドのメンバーに愛想を尽か
されたようだ。・・コンサートが中止になったときよりショックが
大きいかも。。・・なんだか、マイケルに失望した。
バンドのメンバーに見限られたら、ファンにだって愛想を
尽かされてもしょうがないと思うよ。
バンドって、メンバーたちの信頼関係は大事なことだと思う。
私はマイケルの兄ルドルフ・シェンカーのバンド、スコーピオン
ズが大好きだ。彼らのバンドの絆はとても強い。
・・マイケルは兄さんたちの信頼関係が羨ましくないのかな。。


MANOWAR / WARRIORS OF THE WORLD 

manowar_warriors160.jpg
MANOWAR / WARRIORS OF THE WORLD

またまたまたマノウォー!
このブログ、CDの感想はあんまり書いてない割りには、
マノウォーは3回目の登場。すっかりマノウォーの虜(笑)
でも、この「WARRIORS OF THE WORLD」の収録曲、
お気に入り度にバラツキがあるのだ(汗)

収録曲(お気に入り度・星五つで満点)
1. Call to Arms ★★★★★
2. The Fight for Freedom ★★★★★
3. Nessun Dorma ★★
4. Valhalla
5. Swords in the Wind ★★
6. An American Trilogy ★★
7. The March
8. Warriors of the World United ★
9. Hand of Doom ★
10. House of Death ★
11. Fight Until We Die ★★★★
12. Kill With Power(ボーナス曲)★

1曲目の "Call to Arms" を聴いたとき、感動してウルウルし
たのも事実だけど、聞き進むにつれて、マノウォー・ファンには
人気ないアルバムかも??・・なんて思ってしまったのも事実。

ここ1ヶ月で100周ぐらい聴いたと思うんだけど(笑)、
最初の1、2曲目は異常に好き!
「今、世界中でこの曲を1番好きなのは自分かもしれない」って
思うくらい好き(←大いなるカンチガイってことは分かってる)
・・でもそのほかの曲は普通の好き度なのだ(汗)
その理由は・・・・最初の2曲が飛び抜けた名曲っていうせいも
あると思う。でもアルバムの構成が変わっているせいもあるん
じゃないかな。こんな感じ↓

1.ミディアムテンポ、勇壮かつドラマティックでパワー漲る曲
2.バラード調だけど行進曲風でもあり優しさと力強さを感じる曲
3.オペラのカヴァー曲、スケートの荒川静香選手でお馴染みの曲だ
4.オペラの間奏曲風、「ちょっと、一休み」みたいな休憩曲(汗)
5.スローなバラード風で、じっくり聴かせるタイプの曲
6.「リパブリック賛歌」が出てきてトラッドソング風の素朴な感じの曲
7.オペラの間奏曲風、4より長めだけど自分にとっては休憩曲(汗)
8.スローでヘヴィ
9.ここでやっとスピード曲が出てくる
10.同じくスピード曲
11.同じくスピード曲
12.同じくスピード曲(ボーナス曲)

つまり8曲目までスピード曲は皆無なのだ。
中盤すぎまで、じっくり聴かせるタイプの曲が並んでいて、
9曲目にようやく最初のスピード曲がでてくる。
これって「待たせすぎ」っていう気もする。
しかも「じっくり聴かせるタイプ」の曲を聴いたあとにやって来るの
で、集中力を使い果たした頃に登場するのだ。
なので、最後の4曲は通常なら「目立つ曲」だと思うんだけど、
私の中では印象が薄い(涙)
そんなわけで100周も聴いてしまった。
11曲目の"Fight Until We Die"が、ようやく大好きになったのは、
50周ぐらい聴いたときだったかな。この曲はスピード曲4曲の中で、
1番メロディが良い。正統派メタルらしさもある。
でも昔からのマノウォー・ファンは私みたいに100周聴かなくても
最後の4曲で「来た来た!」って思うんだろうな。



マイケル・シェンカー・グループ 

先日11月17日の東京公演で中止になったMSGのライヴ、
もしかしたら、来年2月に再来日するかも!?
MSGオフィシャルサイトのニュースの一部↓

「On November 17th, (2nd show in Tokyo) Michaels suffered from health conditions, so poor, so he had to leave stage.
He felt he had to do so because he couldn´t give the audience what they prefer:
Sharp playing right out of Michael's heart.

All members of MSG, including Michael were very sad about this situation, so they promised to come back to Japan in February 2007 (including an extra show in Tokyo for all ticket owners of Nov. 17th) to say “Thank You” to all the understanding fans!

So stay tuned. We´ll be back soon!!!!!!」


自分、英語力ないので(汗)、翻訳サイトにかけてみた↓

「11月17日に(2番目に、東京では、目立ちます)マイケルズが健康状態に悩んだので、したがって、貧しくて、彼がステージを去らなければなりませんでした。
彼が、彼がしなければならないと感じたので、彼が'tをcouldnするので、彼らが好むものを聴衆に与えてください、:
ちょうどマイケルの心臓からの鋭いプレー。

MSGのすべてのメンバー、マイケルを含んでいるのがこの状況に関して非常に悲しいので、彼らは、2007(11月17日のすべてのチケット所有者のための東京の余分なショーを含んでいる)年2月に「ありがとうございます」をすべての理解ファンに言うために日本に戻ると約束しました!

したがって、調整されていたままでいてください。 私たち、'すぐ、llに戻ってください!」


かなりメチャクチャな日本語になってるけど、
もしかしてもしかすると、また来てくれるかも!?
あまり期待しないで待っていよう。。

マイケル・シェンカー・オフィシャルサイト
http://www.michaelschenkerhimself.com/


食前にリンゴとミカン 

以前、テレビ番組の「発掘!あるある大事典2」で
リンゴとミカンがダイエットに良いという特集をやってた。
果物だから、いっけんデザートみたいだけど、
ポイントは、「食前に食べる」ということだった。
リンゴは脂肪分の吸収を抑え、ミカンは糖分の吸収を抑える
働きがあるので、食事の前に食べると効果があるらしい。

さて、今日見た映画
「レイク・オブ・ザ・デッド」(2004年/アメリカ)の中で、
なんと、食前にリンゴとミカンを食べるシーンが出てきた。
食べ物がメインの映画ではない。
ゾンビ映画・・かな(笑)

家にやって来た友人に食事を出す場面で、リンゴとミカンを
出していた。リンゴは普通に扇形に切ってあって、ミカンは
皮を向いた状態でお皿に乗せてあった。
日本ではみかんの皮はむかないで出すけど、アレは
「温州みかん」に違いない。だって、オレンジだったら皮を向か
ずに切って出すと思うのよね。
・・デザートにしては、やけにシンプルだな?・・とか思ってい
たらメインディッシュが出てきた。そのあとにちゃんとしたデザ
ートが出てきた。・・ってことは、最初のリンゴとミカンは
「デザート」ではなかったんだ。
へえ?・・食前にリンゴとミカンって、アメリカでは既に定着し
ているのかもね。


マイケル・シェンカー・グループ、11月17日の東京公演 

昨日までの公演は順調だったようだが、今日は残念な結果と
なった。コンサートは3曲を演奏しただけで中止となった。

セットリスト
1. Assault Attack
2. Are You Ready To Rock
3. Let It Roll

・・以上

19:05、ライヴ開始。
1曲目は予定通り"Assault Attack"から始まった。
2曲目は"Are You Ready To Rock"。
・・なんとなくだけど、マイケルのギターが地味に聴こえた。
前傾姿勢で弾いているので顔が見えないせいもあり、
ライトの当たり具合も暗いように感じて(気のせいかしらん?)
なんか、影が薄いような気がした。
あとで友人のNA☆LUさんに聞いたところ、マイケルのギターは
調子が悪いようだった。ソロも省いたようだ。
2曲目が終わったあと、マイケルは退場した。
・・不安がよぎった。
観客たちは手拍子をしてマイケルを呼んだ。
2?3分ほどしてから、マイケルが出てきた。・・ホッとした。
そして3曲目の"Let It Roll"、
しかしこの曲の途中でマイケルは再び退場した。
今も目に焼きついている。
マイケルがギターのストラップを首から外し、
ギターを床にポイと投げたのを・・
そして、退場してしまった。
ほかのメンバーは演奏を続けた。
ヤリも歌っていたし、ギターソロ部分は、キーボードの人が代わ
りに演奏していた。・・ギター抜きで"Let ?"は完奏された。
この時の時刻は19:22頃。
観客達は手拍子でマイケルを呼んだ。
19:29頃、場内にアナウンスがあった。
「マイケル・シェンカー本人が体調不良のため
もうしばらくお待ちください」
それまで立っていた観客たちはおとなしく座席に座り、マイケル
が出てくるのを待った。この時点では、もしかしてまた出てきて
くれるかもしれない・・という期待もあった。
その後も観客たちはマイケルを呼び続けていたが・・・
観客たちの期待も虚しく、
19:41頃、ステージに日本人の男性が出てきた。
ザックコーポレーションの人らしい。
コンサートは中止になったことを告げた。
今回の中止について、新聞やHP上で、10日以内ぐらいに情報を
載せるそうだ。
http://www.zak-tokyo.co.jp/
2階席の方では観客の怒っている声も聞こえたが、1階前列の方
では、怒ってるというよりはガッカリしていたようだ。
観客たちはゾロゾロ帰り始めた。
数分後、マイケルを除いたメンバーたちがステージに出て来た。
コンサート中止を詫びる言葉を言いに出てきたのだ。
マイケルの演奏を楽しみにしていたファンもガッカリしたが、
メンバーたちも残念だったろうと思う。
まだ帰らずに残っていた観客たちは、メンバー達に感謝の拍手を
送った。

このあと、友人のNA☆LUさんとKAORIさんの3人でマクドナルドに
寄り、マイケルについて色々おしゃべりした。
よかったのは、3人とも怒りより残念に思う気持ちだったこと。
マイケルを心配する気持ちがあったこと。・・二人に会わず、1人で
帰っていたら、つまんないライヴの印象しか残らなかったかもしれ
ない。
3曲聴いて、マイケルのギターはほとんど印象に残らなくて、
マイケルのギターを堪能したとは、とても言えなかった。でも
Voのヤリさんが予想以上に上手かったし、短い時間なりにも
それなりに楽しめたかな・・と思う。
「コンサート中止」という体験も、それはそれで珍しい体験が
できてよかったかもね。

しかし、明日の札幌公演、どうなるんだろう。。


嬉しいことと悲しいこと 

来年見に行く予定だったキャスリーン・バトルのコンサート、
中止になっちゃいました・・(涙)

んで、もうひとつポール・ギルバートも見に行く予定なんだけど、
こちらは嬉しい知らせが!!

●来場者全員に特製CDプレゼントがあるらしい!
●伝説のRACER Xのギタリスト、ブルース・ブイエさんも
  いっしょにやって来るらしい!
●演奏してほしい曲を投票できるんだって!

さっそく投票した!
私が投票した曲は、去年のライヴで1番カッコよかった
"Viking Kong"ね。・・でも、、投票直後、後悔した。。
あ?、、なんて思慮の足りない私(汗)
せっかくブルース・ブイエさんも来日するんだから、ツインギター
の名曲"Scarified"に投票すればよかったのにぃ?・・自分、
目先のことしか(好きな曲を投票することしか)見えてない(涙)

ウドー音楽事務所↓
http://www.udo.co.jp/artist/PaulGilbert/index.html


マイケル・シェンカー・グループ来日中! 

以前、「MSG来日公演チケットの抽選結果通知が来た!」
っていう日記を書いたのが5月19日。
それからなんと約6ヶ月が経った。
私が見に行く17日の東京公演の日まで、やっと、あと二日。
もう、コンサート行くの忘れるんじゃないかと心配してしまったよ。
とは言っても、すんごく楽しみにしてる。
私にとっては、
「テイルズ・オヴ・ロックンロール?25thアニヴァー
サリー・アルバム」
が、唯一のMSGリアルタイム。
「テイルズ?」は収録曲全てが、曲の途中までしか演奏されて
いない。なのでコンサートで完奏バージョンが聴けると思うと
すんごく楽しみ!
特に"Dust To Dust"は飛び抜けた名曲なのだ。この曲、きっと
演奏してくれるに違いな?い!

・・もしかして初期のMSGではなく、このアルバムの曲を期待して
いるのは私ぐらいかもね(笑)

あと、青春時代に聴いてたUFOの曲も楽しみだな?





ELF/ELF 

elf1160.jpg
ELF/ELF

ELF(エルフ)とは、ロニー・ジェイムズ・ディオがレインボーに
加入するまえに在籍していたバンドだ。そのエルフのCDを
中古屋さんで見つけちゃった♪ むふふ?ん(笑)
1972年のデビュー・アルバムだけど、92年の再発盤なので
けっこう出回っているかもしれないね。
プロデュースは、ロジャー・グローバーと書いてある。
凄い。ロニーは有名になる前から大物と組んでいたのね。

さて、エルフの音楽性はというと、後にロニーが加入した
レインボーやブラック・サバス、またDIOとはかなり違う。
基本はロックン・ロール。ブギウギっぽい雰囲気もあるしホンキー
トンク調(と言ってもよく知らないんだけど、ローリング・ストーンズ
の"ホンキートンク・ウィメン"に雰囲気が似てるから。汗)の曲も
ある。アルバム全体では、ノリの良い曲が多く、けっこう明るい
感じ。んでロニーがピアノをバックに歌っているのがとっても新鮮。
でも後のレインボーやディオを彷彿とさせる曲もある。
"Never More"はバラード風の悲しげな雰囲気から始まって、
ハードロック調へと展開していくドラマティックな曲。ギターも
ドラマティックでロニーの声とよく合ってる。ロニーの美しい声に
胸がジーンときた。ああ、ロニーって素晴らしい?
しかしロニーの声は、30年以上経った今とほぼ同じに聴こえる。
彼は当時まだ20代じゃないのかな?
これは凄いことだと思う。だって、デビュー当時とベテランになっ
てからとで変わるVoって結構いるもん。彼は若いうちから安定して
いたのね。・・なんか、リッチー・ブラックモアがロニーに目をつ
けたのも分かる気がするよ。

収録曲・・良い曲ばかり入ってるよ!
1. Hoochie Koochie Lady
2. First Avenue
3. Never More
4. I'm Coming Back For You
5. Sit Down Honey (Everything Will Be Alright)
6. Dixie Lee Junction
7. Love Me Like A Woman
8. Gambler, Gambler


誕生日のひとりごと 

誕生日ケーキにトシの数だけロウソクを立てるのは、せいぜい
10歳ぐらいまでだろう。・・私のトシでトシの数だけロウソクを
立てたら、ケーキが穴ぼこだらけになってしまう。。

では節分の豆・・トシの数だけ豆を食べていいとすると・・
うん、これは多ければ多いほど嬉しい。

ではでは誕生日にバラの花束をもらうとしたら?
バラ10本もらうより30本もらった方が嬉しい。
30本より100本の方が、なお嬉しい。
やっぱ、節分の豆といっしょで多ければ多いほど嬉しい。

会社の上司が誕生日に何が欲しいかと訊くので、
「バラの花束がほしいな?。あ、バラ100本ね。」と答えた。
すると上司は、こう言った。
「100本?? ・・100本はムリだなぁ・・じゃあトシの数は?」
誕生日にトシの数だけバラを贈る!?
そんなの、ぜったいぜったいヤダっ! もらいたくない?
・・ああ、なんてセンスの悪いヤツ(涙)・・二十歳の誕生日な
らともかく。

結局プレゼントしてくれたのは1本だけ。・・しけてる。(-_-;)
でも1本でもちゃんと包装してリボンもついてた。
しかし1本では「花束」とは言わないのだ。

061110_2000~01.jpg



通勤電車での出来事・その2 

日記の出来事を絵に描いてみた(笑)


(画像をクリックすると拡大します)

もっと接近していたんだけど、上手く描けなかった。(-_-;)
こんな感じで、私のジャケットをゴソゴソと探っていたのよ。
・・なんか、自分のバッグと間違えているようにも見えた。

みなさん、コメントありがとうございました!
お返事が遅れた訳・・絵を描くのに時間を費やしてました(汗)


通勤電車での出来事 

「その人」は、男性でトシは30歳ぐらい。
髪の色は茶色。真ん中分けにして後ろに撫でつけているが、
ややフンワリした感じ。
眉は非常に細く、薄い色の口紅をつけ、ピンクがかった色の
サングラスをかけていた。
服装はメッシュのカットソーと普通のパンツとスニーカー。
そして、スニーカーとは合いそうもない女性用の小型のケリー
バッグを手に持っていた。
見た感じ、ホストかニューハーフか、と思わせるような人だった。

「その人」とは、今朝通勤電車の中にいた男性だ。
彼は座席のないところに座り込んでいた。
座ったままユラユラしている。
最初、気分が悪いのかな?と思った。

混雑した電車の中で、乗客は彼を避けるようにして、
彼の周りに空間ができていた。
彼がユラリとすると、近くに居た若い女性は大袈裟に身を
よけ、別の場所に移動した。
若い女性が移動したため、彼の1番近くにいるのは私になった。

電車が停車したら彼は立ち上がった。
フラフラしている。
彼の持っているバッグはフタが開いたままになっていた。
彼は目をつぶったまま、一生懸命バッグのフタを閉めようとしていた。
・・眠いのかな。。それとも酔っているのかもしれない・・と思った。

彼は、何かを求めるように両手を宙に伸ばした。
彼の手が私のすぐ近くに来た。
胸に抱いていた私の丸めたジャケットに、彼の手がかかった。
丸めたジャケットをゴソゴソと探って何かを探しているように見えた。
き゛ゃ??、なにすんのよ?(←心の叫び)
私が一歩引いたら、
「あ、ごめんなさい」と彼は言った。
言葉はしっかりしているようだ。

彼は、また座り込んだ。
そして、またしても手を宙に伸ばした。
わ、私の足に触ってるぅぅぅ??
ひぃ??ん、やめて?(←心の叫び)
私はさらに一歩下がった。

通勤中は音楽を聴くのが楽しみなのに、ちっとも集中できなかった(涙)
・・・しかし、あの人、なんだったんだろう。
もしかして、クスリ?・・幻覚?・・ラリっていたのかも??


ウドさんな木 

↓家の近くの街路樹に使われている「スズカケノキ」
061104_1031~01.jpg
ウソみたいな迷彩模様!!
・・なんか、UDOのウドさん(元アクセプト)の服みたい(笑)

accept110502.jpg

でも、この木って、昔から街路樹に使われているみたい。
ほら、懐メロの「月がとっても青いから」で
「あ、の、すーずーか?け?の?、並木路は??あ??、
思い出?ぇぇの、こみ?ちよ♪」
って歌っているしね(笑)


GyaOで映画を見た 

パソコンテレビGyaOで映画が見られる。
・・つまんない映画もけっこうあるんだけど(汗)、
視聴者の評価が載っているので参考になる。7点以上得点
がついている映画は、評価通り面白い。
↓高得点がついていたので見てみた。

「ザ・フライ/ハエ男の恐怖
1958年アメリカ映画。
86年にデヴィッド・クローネンバーグ監督、ジェフ・ゴールド
ブラム(←私がこの世で1番好きな俳優さん)主演でリメイクされ
たものが有名だけど、それのオリジナル版。
でも、「ハエ男」になる経緯は同じだけど、ストーリーはかなり
違っていた。なので結構楽しめた!・・つーか、怖かった(涙)

主人公・・86年版ではハエ男が主人公だけど、58年版では、
ハエ男の妻が主人公。問題の「ハエ男」部分は、妻の回想と
いう形をとっている。
それと86年版の方では、ハエ男になったあと見かけがいきなり
変身するわけではなかった。なのでその後も普段の生活が
続き、恐怖は徐々に襲ってくる。
しかし、この58年の映画では、いきなり変身するのだ。
なので彼に変身後の生活などない。もう、その絶望感と言った
ら・・(涙) でも映画の中では布を被って顔を隠していたので
すぐに変身後の姿は映さなかった。 ハエ男は顔を隠して妻に
だけ会うんだけど、隠していることで余計に不安や恐怖が
増すのよね?
んでんで、布を外した瞬間!!!!!
ひぇぇぇぇ??!!! ・・・・心臓に悪かったよ(涙)

絶望のどん底映画だったけど、、でも後味はそれほど悪くなか
った。それなりに「解決」があったから。それと回想形式だった
せいもあると思う。

そうそう、「ハエ」の方にも変身があった。
これも怖い・・っていうか、可愛らしいっていうか・・!?


ちっちゃな幸せ 

今日から3連休ー!
休日の朝だし、ファミレスのモーニングセットを食べようと思い、
ロイヤルホストに行って来た。
いつもバッグなどを持ち歩いているけど、今日は手ぶら。
アイアン・メイデンのTシャツ着て、ジャケットのポケットにお財布
とタバコ、あとケータイ電話(笑)を入れ、手には何も持たずに歩く。
手ぶらで歩くって気持ち良いな?
ショルダーバッグなどを持つと、身体のゆがみの原因になったり
するしね。朝の空気も清々しい。

ファミレスではジュースもコーヒーも飲み放題っていうのが嬉しい。
普段はめったに食べないトーストを食べたことも、なんか嬉しかっ
た(笑)
んで、ケータイでお友達にメールしてみた。 ・・今までPCのメール
に慣れていたから、携帯使ってメールするのは大変だろうなぁって
思っていたけど、使ってみるとそれほど大変でもない。
っていうか、ケータイ電話でメールって、すんごくすんごく楽しい?!!

帰る途中お花屋さんがあったので、200円の花束を六つ買った。
安物のお花だったけど、お花を見るとなんか幸せになれる(笑)

今日の午前中は、とっても充実した時間が過ごせた。
ちょっとしたことで幸せになれる私って、安上がり(笑)

↓今日着てるメイデンTシャツが待受画面になってる
image349.jpg

↓六つの花束を二つに分けて生けてみた
061103_1127~01.jpg

061103_1212~01.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。