スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

While My Guitar Gently Weeps 

やばい。やばすぎる。
久しぶりに来たよ。
聴いても聴いても聴くのやめられない曲。
スコーピオンズの"No One Like You"とか
Y&Tの"Forever"みたいに
もうね、その曲に恋しちゃってるみたいな感じ。

"While My Guitar Gently Weeps"って、
こんなに良い曲だっけ??
んでんで、ジョージってこんなに歌うまかったっけ??
いやいや、昔からビートルズで1番好きな曲だったけど、、
ジョージが1番好きだったけど、、、
二十数年ぶりに聴いて、感動を新たにした。
哀愁のロックなのよ。
while my guitar?♪って歌うとこの
"my guitar"のジョージの歌い回しとかね、、、
なんかね、とっても切なくて心が震えるの。
ああ?も?涙が・・・



スポンサーサイト

ビートルズのCD買っちゃった♪ 

買ったのは「ザ・ビートルズ」(ホワイトアルバム)と
「ラバー・ソウル」の2枚。
・・前回の日記に書いた「アーッハハー・ハー♪」って曲は
入ってなかった(涙)
でもいいのだ。別の曲が判明した。

ビートルズのCD、何を買おうかすんごく悩んだ。
最初はベスト盤を買うつもりだったのだけど、収録されているの
は有名曲ばかり。・・ベスト盤だから当然なんだけど。
んで、その収録曲を眺めていたら、、、
私の脳は、大昔ビートルズ聴きすぎて耳タコになっちゃってた時代
にトリップ。20年以上聴いていないのにも関わらず、ウェップって
気持ちになってしまったのだ(涙)
・・・あ、ヒンシュク?
だって洋楽で初めて買ったレコードがビートルズで、当時は持って
るレコードもホンの数枚。なので1枚のレコードを擦り切れるほど
聴いたのだ。その時の耳タコ・ウェップ状態の記憶が、曲名を見
ただけで蘇ってきたのよ。・・条件反射のようなモンかも(汗)
・・ベスト盤を買うのはやめよう。
となると、オリジナルアルバムだ。5?6枚ドンと買いたかったけど、
そのとき6,800円もするレインボーの30周年記念BOXを既に手に
握りしめていたので(汗)、ビートルズは2枚だけ買うことにした。

例の知りたい曲「アーッハハー・・♪」には関係なく、
ホワイト・アルバムは欲しかった。久しぶりに
"ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス"を聴いてみたか
った。この曲は聴いても聴いても耳タコになるってことはない。
永遠の名曲なのだ!!

で、残りの1枚は例の曲が入っているアルバムを・・と思ったけど
すぐにあきらめた。収録曲を見ても思い出せない曲が多すぎて(涙)
そんなとき、「ラバー・ソウル」収録のある1曲が目にとまった。
"Run For Your Life "という曲だ。
この曲は、とも@音楽さんちの「METAL同盟」コーナーで先日見た
ばかりなのだ。そのコーナーでは色んなバンドの同名異曲を取り上げ
ている。"Run For ?"は数バンドが演奏しているけど、ビートルズ
にもあるらしい。・・でも全然記憶にない曲名だった(汗)
なので、迷わず買うことにした!

うちに帰って一通り聴いてみたけど、、「アーッハハー・・♪」は
入ってなかった(涙)
んで、"Run For ?"の方。・・「ラバー・ソウル」はレコードを持っ
ているので聴けば分かるはず。
えんだ、りるが?る♪ ・・とかって一緒に歌ったりして。
なんだァ?、歌詞覚えてるじゃん、私(笑)


あの曲なんだっけ???? 

土曜日、ピアスをつけてもらいに新宿に行った時、朝ご飯を
食べずに出かけた。なので、新宿駅の駅ビル内にあるお店で
食べることした。クロワッサンとかハンバーガーのあるお店だ。
そこではBGMがビートルズ。ず?っとビートルズがかかってた。
お店にいる間に10曲ぐらい聴いたのだけど、
曲名がすぐ分かったのは3曲だけ・・(涙)
"From Me To You"と"When I'm 64"と"This Boy"。
んで歌詞に曲名が出てきたので分かったのが"I Will"。
でも他の曲も間違いなくビートルズだってことは分かるのよ。
中学生の頃はイントロを聴いた瞬間に曲名が言えたのにぃ?
んで曲名が判明しなかった曲で、今でも耳に残っている曲がある。
「アーッハハーー、ハー、ハハー、ハー♪」っていう歌いだしの曲。
声はジョンだった。その後にくる歌詞がきっと曲名だと思うのよね。
でも聴き取れず(汗)、そのうち曲が終わってしまった。。。
で、この曲が頭から離れないわけ。
CDは持ってないけどレコードなら数枚持ってるので段ボールの
中を探してみた。でも、ビートルズのレコードが1枚も見つから
ないのよ、これが。・・・クラシックのレコードと一緒に仕舞い込ん
であるのかなぁ。・・そういえば、ビートルズのレコードって、20年
以上見かけてないような気がする。。・・・CD買ってこようかな。。

ピアスつづき 

最近、右のホッペに巨大ニキビができている。
左のホッペには昔ニキビをつぶした跡がシミになってる(涙)
んで両耳には、ちっこいピアス。
私の顔には四つのボッチが一直線に並んでる。
これ↓
pias1.jpg

え?ん、サイテ??(涙)


ピアス 

メタQ管理人の写真(一部)、初公開!! 
・・なんちゃって。

昨日、初めて耳に穴をあけた。
・・このトシになって(汗)
ピアスが流行りだしたのって20年ぐらい前かな?
今まで穴あけようとは思わなかった。
でもなんか最近ピアスがしたくてしょうがなくなってた。
鏡を見るたびにピアスしたいな?って思うのよ。

アクセサリーを身につけるってことは、
「自分を美しく見せたい」という願望の表れだと思う。
もうオバサンなんだからアクセサリーで美しくなるはずもない
んだけど。。
でもホントになんで急にピアスがつけたくなったんだろう?

そしたら会社の後輩が言った。
「最近耳を出す髪形にしたからじゃない?」
お??!そうだったのか。・・そういえば、、先月パーマを
かけてから髪がまとまんなくなったので、ひっつめていたのだ。
なので耳が全開(笑) ・・髪型のせいだったのね。

あ、、素(す)では美しくないトシになったことに気づいたとも言える(涙)

ネットで調べたら、皮膚科の病院で穴あけをしてくれるらしい。
病院にはピアスが10種類ぐらい用意してあって、好きなデザインの
ものを選べた。あんまり目立ちたくないので小さめの物を選んだ。
・・ヘンな場所に穴があいたら不安だったけど、自分で好きな場所に
ペンでしるしをつけることになってた。
ここで生まれて初めて自分の耳たぶが左右違うことを発見!
・・なので、しるしの位置が決めづらい(涙) 左右アンバランスに
なりそう?(涙) 1度書いたしるしを消しては書き直し、なんとか
標準的な位置にしるしをつけることができた・・かな。
ピアスは、ホチキスみたいな道具で穴あけとピアス装着を同時に
できるらしい。

「はい、今、いきますよ。ワン、ツー、スリー、バチン。」

いともあっけなく終わった。・・左右両方で2?3分ぐらいだったかな。
あんまし痛くはなかったけど、先生の掛け声に恐怖を感じたよ(涙)
ファースト・ピアスは1ヵ月間はずしてはいけないらしい。なので、
装着したまま病院を出た。
帰り道・・血がにじんでいるんじゃないかと心配で心配で。。
ずっと下向いて歩いてた。。

↓こんな感じ
rimg0063-8.jpg

実物は直径3ミリぐらい。
↓拡大しているので、耳のシワまで拡大されてる(汗)
rimg0069_80.jpg

そうそう、病院のアンケートで
「家族に話してありますか?」と言う項目があった。
「いいえ」にチェック・・(汗)
でも親とは一緒に住んでいるんだから、バレる前に話さなくては。
親の喜ぶ「お寿司」を購入して帰宅した。



クイズの答 

ジャケット当てクイズの答えを早くも掲載した。
なんか難しいらしいし・・(汗)
ソランさんしか反応がないので分からないんだけど・・
つーか、見てる人あんまりいないし(涙)

ソランさ?ん。答えUPしましたよ?
ジャケ当てクイズの下の方を見てね。

あ・・簡単には見つからないようになってます(汗)



ベスト・ヒットUSA 

80年代の洋楽番組「小林克也のベスト・ヒットUSA」の
BOXセットが通販限定で発売されるらしい。
http://click.eplus.co.jp/?5_431790_217960_1

収録曲が凄い! なつかしい??
いいな?。ほしいな??・・・・でも値段が高い(涙)
・・正直120曲中、知ってる曲はホンの数曲だけなんだけど、
でも聴けばきっと知ってる曲はたくさんあると思うの。
んで、当時レコードを買ったのが
モーテルズの"オンリー・ザ・ロンリー"と、
リトル・リヴァー・バンドの"ナイト・アウル"。
他にも買ったのはあるけど、特にこの2曲は大好きだった。
ネット始めてから、どこの洋楽サイトでも見かけたことないし、私の
HPでも話題に出たことなかった。なので収録されていることが
すんごく嬉しい。
・・バンドはとっくの昔に解散したのかもしれないね。。

ジャケット当てクイズ 

ジャケ当てクイズを作った!

先日の日記に書いたコスプレ・キューピー天使編。
あの写真に使っているジャケをソランさんが当ててくれた。
それがキッカケで、ジャケ当てクイズを作ってみよう!
なんて思ってしまったのだ。
二日でできた! 私は思い立ったらやることが早いのだ。
でも・・メインのメタルクイズ。問題増加する予定なんだけど、
なかなか進まない。 ・・思い立ってから随分経ってしまった・・・

ジャケ当てクイズ、それほど難しくないと思う。
マニアックな問題はないと思うし。

お時間のあるときにでも遊んでください!

↓こちら
メタルクイズ

ヘヴィ好き 

私の「ヘヴィ好き」って、どこからくるのだろう。
何かキッカケのバンド、或いはキッカケのアルバムがあると
思うんだけど・・・
それは、もしかしたらスコーピオンズかもしれない。
・・スコーピオンズの"カロンの渡し守"あたりかなぁ。。
今では、もっともっとヘヴィな音楽を知ったので、
彼らの音楽はそれほどヘヴィに感じなくなってしまったけど・・
さっきの日記に書いたメタリカとか、メガトンヘヴィなBLSとか
スコーピオンズと似ているとは思っていないけど、
でもスコーピオンズを聴いていなかったら、
それほどハマらなかったかもしれないなぁ。。

メタリカってカッコイイ! 

メタリカの通称ブラックアルバム「METALLICA」。

久しぶりに聴いてみた。やっぱ、良い?!

メタリカのアルバムでこのアルバムが1番好きな人?!

あ?い! (~o~)/

メタリカはスラッシュ四天王と言われていても、

このアルバムではあまりスラッシュらしさは感じられないと思う。

すんごい重いアルバムだと思う。テンポも速くないし。

私はこのアルバムのスローでヘヴィなノリが、たまらなく好き。

このアルバムを聴いた3年ぐらい前は、メタル自体あんまり

知らなくて、知ってるのはスコーピオンズとレインボーぐらいだった。

んで、このアルバムを聴いて、私の知ってた「ヘヴィさ」という

ものが覆されたような気がした。あまりの重さに感動したね。

私はヘヴィ好きなのだ。

あと、ヴォーカル。・・・メタリカを聴いて視野が広がったような気が

する。・・最初ジェームズの歌を聴いたとき、なんてぶっきらぼうに

歌う人なんだろう・・なんて声の悪い人だろう・・と気の毒でしょうが

なかった。・・そう思うのも仕方ない。それまでクラウス・マイネと

ロニー・ジェームズ・ディオとフレディ・マーキュリーが大好きだっ

たんだもの。。

でも! 私はジェームズの歌がだんだん好きになった。

ヴォーカルの良し悪しって、声の質とか音域の広さとか声量とか

は、関係ないと思うようになってきた。心の中にあることを

そのまま歌にぶつけることなんだ。

メタリカってカッコイイ! 久しぶりに聴いてしみじみ思った。




 

植物園に行ってきた! 

東京都文京区にある小石川植物園に行ってきた。
天気予報では雨だったけど、物凄く良いお天気だった。
しかし暑いのなんのって。30度近くあったんじゃないかしらん。
持っていた雨傘を日傘代わりにさした。・・ここんとこ雨続きで
傘がカビ臭くなってたし、日光消毒できて一石二鳥なのだ。

駅から植物園まで10分ほどの距離なんだけど、一山越えて行か
なくてはならない。・・山ってほどではないけど(汗)、坂道を登って
頂上に着いたら今度は下って、やっと植物園に到着するのだ。
ただでさえ暑いのに、もう汗びっしょり。

先ほどの坂道の頂上にも、植物園の仮の入り口があった。
なので園内は山の斜面にできているような感じだ。
園内は、まるで森のようになってる。温室や薬草園などもある。
日本庭園もあるし、広場もある。

↓一見、森みたいな感じ。とても都内とは思えん。
koishikawa1_50.jpg

↓山の頂上から見下ろした日本庭園。ビルに囲まれているから
やはり東京なんだと実感。異空間という感じがする。
koishikawa2_50.jpg

↓山を降りて近くから見た庭園。奥にある小高い山も園内。
koishikawa3_50.jpg

春の花がいっせいに咲き始めた1ヵ月前ぐらいだったらよかったん
だけど、それでもなんとか咲いている花もあった。
↓薬草園の植物。なんか線香花火みたい。
koishikawa6_50.jpg

でも私は囲いで囲まれて栽培されている花より、森の中に
咲いている雑草に目が行った。
↓めずらしい花を発見。1.5センチぐらいの小さい花だ。
koishikawa4_50.jpg

↓後ろから見た姿。なんかトンボみたい。・・なんていう花だろう。
koishikawa5_50.jpg

デジタル・カメラの良いところは、レンズ交換をしなくても
接写できるということだ。上の写真2枚は1?2センチぐらいの
距離で撮影。ズーム機能を使わなくても実物よりかなり
大きく撮影できる。

以前はよくお花の写真を撮っていたけど、カメラを持って出か
けたのは実に4年ぶり。すんごくウキウキした気持ちになれた。
でもとにかく暑い1日だった。園内で食べたソフトクリームが
めちゃくちゃ美味しかった。
・・2分ぐらいで食べ終わったね(笑)

画像をクリックすると拡大写真が見られます


コスプレ・キューピー(天使編) 

デジタル・カメラにハマってしまった。
コスプレ・キューピー第2弾

「街角の天使」

qp_machikado.jpg


「キノコの森の天使」

qp_kinoko.jpg


上の写真のキノコは撮影用に買ったのだけど、食べないと勿体無い。
というわけで、晩御飯の材料に使った。
「シーフードとキノコのカレー・スープ」の出来上がり。
kinokokaisen.jpg


・・どうもイマイチだなぁ。。
デジカメって、ファインダーをのぞけないから構図が決めづらい。
シャッターを押すまでが、時間がかかってしょうがないや。。スープ、
出来立てだったのに冷めちゃって湯気も出てないよ・・・・

ちなみにスープの具は、エビ、タコ、イカ、ハマグリ、
シメジ、エリンギ、エノキダケ、タマネギ、グリンピース。


MSG来日公演チケットの抽選結果通知が来た! 

ライヴは、おととし4回、去年6回行ったけど、今年はまだ誰も見に
行ってない。もう5月だと言うのに!・・なんか、あんまし興味そそられ
るのがなくて・・(涙)
そんなとき、チケット会社からMICHAEL SCHENKER GROUP来日公
演のお知らせメールが来た。そのメールはMSGとSCORPIONSをお気
に入りアーティストに登録している人だけに送っていると書いてあった。
よく読んでみると、お気に入り登録している人に限り通常の先行予約
よりさらに先行で予約できるらしい。
・・ふう?ん。そうなんだ。んじゃ、せっかくだから予約しておこう・・とか
思って先日予約したのだ。←この興味無さげな態度(笑)
来日公演のことは知っていたけど、あんまり曲を知らないし行かなくて
もいいかな?と思っていたのだ。・・メールが来なかったら予約してい
なかったかもしれない。
でもやはり気になる抽選結果。
そして、今日チケット会社から抽選結果通知が来た。
よかった?。チケットゲット確定した! でも座席はまだ分からないん
だけどね。・・・しかし先行なのでチケット代7,500円以外に諸経費
1,100円が余計にかかる。全部で8,600円(涙)
もしこれで悪い席だったら、わたしゃ怒るよ。
・・つーか、その前に最新アルバム買ってこなくては。

コスプレ・キューピー(カマキリ編) 

前回の日記に書いたデジカメ。
さっそく使ってみた。
・・・ムフフ。。でけたっ!

題して 「カマキリとピーマン」

qp_kamakiri30-1.jpg


・・しかし画質が汚いな(涙)
でも、初めてだしね。次回は頑張ろう!


デジタル・カメラ買っちゃった♪ 

デジタル・カメラ・・・欲しいけど、普通のカメラを既に4台持って
いるので、買うことはないだろうなぁ?って思ってた。
でも・・・いろんな人のブログを見ていると、ほとんどの人が写真を
掲載している。・・なんかうらやましい。。
・・普通のカメラ場合、現像に出して、んで受け取りに行って、
そんで、スキャナーで読み込んで・・なんてやっていたら、
当日の内に日記を書くことなんてできない(涙)
私もデジタル・カメラがほしいぃぃ??!!
だって携帯電話も持ってないし・・・・・(汗)

というわけで、今日、ついに買ってしまった!
とりあえず説明書だけ読んでみた。
けっこう色んな機能がついているのねぇ。。
機能が多ければ多いほど設定も複雑。。なので、被写体を捉えてから
シャッターを押すまで、すんごく時間がかかりそう。
・・被写体が逃げちゃうよ。

ベースと雪国もやし 

私の最近のお気に入りテレビCMがこれ↓。「雪国もやし」
http://www.maitake.co.jp/05special/cm_hanawa.html

出演している「はなわさん」は名前も聞いたことなかったので、どういう方かは
知らないんだけど、ベースの音に魅せられました(笑)
ベースを伴奏に歌うのってカッコイイ!

ちなみに前回の日記に書いた名曲集にはベースの印象的な曲が
数曲入ってます。CMの影響かもね(笑)

名曲集第2弾 

またまた素晴らしい名曲集ができちゃった♪
5/2の日記に書いた名曲集第1弾と、この第2弾・・実は自分用に作ったものではない。どちらも友人にプレゼントするために作ったのだ。・・プレゼントと言っても、私の好みの音楽をムリヤリ聴かせようという魂胆もあるんだけどね(笑) 今は閉鎖してしまったけどHPのキリ番プレゼント用など、今までにも何度か名曲集を作ったことがある。受け取る人の好みや聴いたことのなさそうな音楽を考えて選曲するので、どれも内容が違うのだ。そしてその選曲する作業がとても楽しい。私がキッカケで知らなかったバンドがお気に入りバンドになったら、嬉しいしね。

んで、これが第2弾↓

1. SPIRITS OF THE DEAD / GRAVE DIGGER 
ドイツのパワーメタル・バンド。イントロのギターが超カッコ良いのだ。シビレルよ! 歌メロは音符の高低差があんまりなくて一定の高さを歌っている。しかも美しいVoとは言えないダミ声で。でも!サビでは馴染みやすいメロディも聴こえてくる。そういうとこなんかはジャーマン・メタルらしさがあると思う。「THE GRAVE DIGGER」収録。

2. MIDNIGHT HIGHWAY / ACCEPT  
ジャーマン・メタル。明るくポップな曲調だ。けっこう暑苦しいウドさんの歌に続き、ピーターさんが歌うのだが、彼の歌はめちゃくちゃ爽やか(笑) んでサビはまた暑苦しいウドさんの歌なんだけど、キラキラ眩しい宝石箱みたないツインギターが入るのでウドさんの歌も愛らしく感じる(笑) あんまりメタルらしくない曲だけど、すんごいお気に入り。「BREAKER」収録。

3. IN METAL / PRIMAL FEAR 
ドイツの王道メタル。ジューダス・プリースト系統かな。アルバム「DEVIL'S GROUND」の中では割と落ち着きを感じる曲。と言っても大人しい感じはなく、8分を刻んだリフがどっしりと重く、正に王道メタルという感じがする。アルバムの中で1番好き。

4. STARFIRE / DRAGONFORCE 
イギリスのメロディック・スピード・メタル・バンド。彼らは超音速バンドと言われているけど、この曲はミディアム・テンポの曲だ。爽やかにドラマティックな曲。メロディも素晴らしい。勝利を目指しイバラの道を突き進んでいく勇者の物語。決してくじけたりしない・・みたいな曲。2年前、「メタラーへの道奮戦日記」を書いているとき、「私のテーマ曲」と決めた(笑)・・なんかね、私にとっての青春応援歌みたいに感じたのよ(笑) 1st「VALLEY OF THE DAMNED」収録。あ・・・ちなみにこの頃のヴォーカルさん、ヘタッピーです(汗)

5. SEA OF LIES / SYMPHONY X 
ネオクラ・プログレ・ヘヴィ・メタル・・みたいな感じかな。ギターのマイケル・ロメオは国宝級ギタリストと言われているらしい。イントロからめちゃくちゃカッコイイ。テクニック的なことは私にはよく分からないけど凄いってことだけは分かる。高速アルペジオ風のギターに飾りがいっぱいついてる感じ・・(汗) けっこうヘヴィなとこも好き。「THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY」収録。"Sea Of?"を含む1?3曲目の流れがすんばらしい。

6. HOUSE OF SLEEP / AMORPHIS  
今年発売された最新作「ECLIPSE」収録曲。デビュー当時はデス・メタル・バンドだったらしい。アルバムにはデス声で歌っている曲もあるが、この曲はノーマル声で歌っている。デスメタルらしい過激さも感じられない。感じるのは、ただ「悲しみ」だけ。北欧のバンドらしい美しく悲しいメロディが胸に刺さる。同じフィンランドのセンテンストに似た雰囲気があるような気もする。

7. WORLD THROUGH MY FATELESS EYES / LOST HORIZON
スウェーデンのメロディック・パワー・メタル・バンド。同じ系統の中では結構男っぽいので気に入ってる。闘っているような感じが良い。ファイト一発!みたいな(笑)メロディも思いっきりツボなのだ。1st「AWAKENING THE WORLD」収録。

8. NEVERMORE / RAGE  
ジャーマン・メロディック・メタル・・・かな? 私はヴィクター(G)が加入した現在のRAGEが1番好きだけど、加入前のアルバムでは1番のお気に入りが「THE MISSING LINK」。過去のハチャメチャ・ヘンテコ・レイジみたいな感じは無く、メロディが充実したアルバムなのだ。その中でもヘヴィなノリがカッコイイ曲がこれ。

9. U DONE ME WRONG / TALISMAN 
北欧のメロディアス・ハード・バンドらしいんだけど、個人的にはあんまりそんな感じはしない。2nd「GENESIS」収録。哀愁漂う歌メロ重視の曲もあったりファンキーなノリの曲もあったり、バラエティに富んだアルバムなのだ。Voはイングヴェイやアクセル・ルディ・ペルのバンドにも参加したことのあるジェフ・スコット・ソート。ジェフの声は好きじゃなかったんだけど、タリスマンで歌う彼は好きなのだ。なんと言っても曲が良いから。この曲はダイナミックなベースとギターが聴きどころ。

10. STEPPIN STONE / BLACK LABEL SOCIETY 
アルバム「HANGOVER MUSIC VOL6」収録。BLSは、超重量級ヘヴィ・ロックなんだけど、このアルバムはアコースティックな曲が多く、テンポのゆったりとした曲も多い。その中でも怒涛の哀愁を感じる曲がこれ。Voとギターはオジーのバンドにも加入したことのあるザック・ワイルド。このアルバムを買ったキッカケは、CD屋さんの店内で流れていてすんごく気に入ったから。ザックさんの音楽って、心に響くのよね?

11. FALLING SPARROW / MASTERPLAN 
元ハロウィンのローランド・グラポウ(G)とウリ・カッシュ(Ds)によるメロディック・パワーメタル・バンドの2nd「AERONAUTICS」収録曲。ハロウィン風と感じた1stアルバムよりバラエティに富んでいると思う。その中で1番好きな曲がこれ。イントロから泣きたくなりそうな哀愁を感じる。パワフル哀愁おっちゃん声のVo、ヨルン・ランデが物凄く上手い。つい最近知ったニュースでヨルンさんはバンドを脱退したらしい。彼のVoがあってこそのマスタープランだったのにぃぃ??(涙)

12. NOTHING TO LOSE / U.K. 
その名のとおり英国のプログレッシヴ・ロック・バンド。デビューアルバム発表後、二人が脱退し、ベース・Voのジョン・ウェットン、キーボード兼エレクトリック・ヴァイオリンのエディ・ジョブソン、ドラムのテリー・ボジオの3人編成となった2nd「DANGER MONEY」からの曲。メタル好きな私にとっては難解な1stより断然好き。特にこの曲はキャッチーでかなり聴きやすい。ギターはないけど、そのかわりに極上のヴァイオリン・ソロが聴ける。天空を漂っているような音色が美しい。

13. SISTER MOON / GOTTHARD 
ゴットハードは「スイスのボン・ジョヴィ」と言われているらし。・・そ、そうなのかな(汗) 確かに似た感じはするけど、う?ん、、ヘヴィなブリティッシュ・ロックン・ロール・・って感じがする。ダイナミックなギターと熱唱型のVoがすんごく熱いのだ。「G」収録曲。

14. PARADISE / VIRTUOCITY 
フィンランドのメロディック・パワー・メタル・バンドの"2nd「NORTHER TWILIGHT SYMPHONY」収録曲。バロック的なキーボーが北欧らしさを感じるのだけど、曲全体の雰囲気はジャーマン・メタルに通じるような哀愁を感じる。・・ってか、CD屋さんのBGMで聴いて速攻買いしたんだけど、その時はドイツのバンドだと思った(汗)

15. WILD CHILD / SCORPIONS 
ドイツの大御所SCORPIONSの 「PURE INSTINCT」収録曲。このアルバムは、ポップな曲とバラードばかり収録されている。メタル好きには物足りないかもしれないが、曲自体は絶品!粒よりのアルバムなのだ。この曲はアルバム中1番好きな曲。ポップなリフとクラウスの若々しい歌が愛らしい。そんでそんで、メロディが思いっきりツボなのだ。この曲を作ってくれたルドルフ・シェンカーに感謝したい。
 
16. WE WILL BE STRONG / THIN LIZZY 
名曲集第1弾にも入れた曲(汗) ・・名曲を埋もれさせちゃ勿体無いと思って(汗)Voのフィル・リノットは語るような歌詞詰め込んでるような歌い方なので、好き嫌い分かれそうなんだけど、この曲では珍しく普通に歌ってる。なにしろ曲が良い。この曲収録の「CHINATOWN」は名盤「BLACK ROSE」の次のアルバムだし、似た雰囲気はあると思うのよね。たとえギタリストが違ってもツインギターだって素晴らしいもん!

17. WHITER SHADE OF PALE / BLACK LABEL SOCIETY 
10と同じBLSの同アルバムからの曲。原曲は超有名なプロコルハルムの「青い影」。私はオリジナルよりザックさんの歌の方が好きだ。ピアノを弾きながら歌うザックさんの歌には彼の心がそのまま表れている。心に染みる歌なのだ。

ヨルン・ランデが脱退!? 

マスタープランのヴォーカル、ヨルン・ランデ、
脱退したらしい。・・・・・ぐわ??ん。・・ショック(涙)
でもそれほど意外でもない。
マスタープランの2ndアルバムを聴いたときから、この日がくるんじゃな
いかと怖れていたのだ。
マスタープランは、ハロウィン風クサクサメタルをデビカバ風の
パワフルおっちゃん声が歌ってる。
この意外な組み合わせが大好きだった。
で、あまりにも意外なので、Voのヨルンさんはいつかマスタープランを
脱退するときがくるんじゃないかと思っていた。
ヨルンさんは歌が物凄く上手い。
才能あるアーティストは自分のやりたい音楽を求めて、ひとつの
ところに留まらないかもしれない・・・と思っていたのよ。
で、先のことを怖れて、去年よそんちの掲示板で
「ヨルンさん、マスタープランをやめないで?(涙)」とかって
書き込みしたこともあるぐらいなのダ。
管理人さんは
「え!? ヨルン、脱退するの??」などとカンチガイしたほどだ(汗)

ああ、とうとう怖れていたことがおこってしまった。
・・・と言いつつ、次のVoは誰だろう?
とかってワクワクと考えたりする自分がいる(汗)
・・FIREWIND初代Voのスティーヴン・フレドリックあたりどうかな??
脳天突き抜け方ハイトーンVoだったら、普通すぎておもしろくないもんね。

SCORPIONS?ハードロックとヘヴィ・メタル 

scorpions_lovedrive_blog.jpg
「LOVEDRIVE」

久しぶりにSCORPIONSの「LOVEDRIVE」を聴いてみた。
「LOVEDRIVE」は、全8曲中3曲がバラードということにもかかわらず、ハード・ロック・アルバムという印象が強い。"Another Piece Of Meat"、"Can't Get Enough"とタイトル曲"Lovedrive"などは疾走感に溢れる典型的なハード・ロックで、強烈なインパクトがあるからだろう。後のアルバムでこの手の曲がなかなか聴けなくなったのは寂しい。

さて、SCORPIONSと言えば、バラードには定評がある。「LOVEDRIVE」には、"Always Somewhere"、"Is There Anybody There?"、"Holiday"の3曲のバラードが収録されている。私は数あるバンドの中で、SCORPIONSのバラードが1番好きだ。ルドルフ・シェンカーの作るメロディが思いっきりツボなのである。とにかく切ない。ルドルフは親友クラウス・マイネの歌を生かす曲を書くのだと思う。哀愁感の漂うメロディと表情豊かなクラウスの歌が見事にマッチしているのだ。

私は、正真正銘ハードロック・バンドとしてのSCORPIONSは、この79年に発表された6枚目(ライヴ盤を除く) の 「LOVEDRIVE」までではないかと思う。次の7作目、80年発表の「ANIMAL MAGNETISM」からはヘヴィ・メタル寄りになったように感じるのだ。・・ハード・ロックとヘヴィ・メタルの違いを言葉で表すのは難しいのだが・・・強いて言えば、ヘヴィなリフを主体に持ってきたことかな。。アルバム前半ではポップな曲もあるが、後半に行くにつれてメタル的要素が強くなっていると思う。例えばライヴ定番曲でもある"The Zoo"のギター・リフ・・・リフ自体が曲のイメージとなるほど強烈なインパクトがある。タイトル曲の"Animal Magnetism"なども重々しく、正に重金属的な音なのだ。

SCORPIONSのギタリストでありメイン・コンポーザーでもあるルドルフ・シェンカーは、SCORPIONSの魅力は「キャッチーなメロディと強力なリフ」と言っていた。プログレ的なデビュー・アルバム「LONESOME CROW (恐怖の蠍団)」はともかく、2nd以降のSCORPIONSは正にそのとおりだと思う。しかし、私は、メロディ、リフのほかにもうひとつ付け加えたい。それはヴォーカル、クラウス・マイネの歌唱力だ。30年以上も活動を続けているSCORPIONSだが、彼らの魅力は今もって色褪せることはないのだ。

scorpions_animal_blog.jpg
「ANIMAL MAGNETISM」


Yahoo!アバター 

前々回の日記に書いたYahoo!公開プロフィールのアバター。
自分が女なので女性用のキャラクターを作ったけど、
男性用も作ってみた?い!という欲求にかられた・・(汗)
ログインしなくても試着だけならできるようだ。
いろいろ遊んでみた。
・・・だめだ。・・作り始めたら止まんなくなった。
楽しすぎるぅぅぅぅ?!!
結局3種類作ってしまった。コレ↓
http://metalquiz.web.fc2.com/blog0507.html

この日記を見てくださっている皆さんも作ってみては?
↓こちらで無料で作れます。おもしろいよ!
Yahoo!アバター

ロックバー 

GW・・特別どこか遠くに遠征する予定はないんだけど、せっかくの休日、
どこにも出かけないのはもったいない。
近場だけど、六本木にあるドッケンというロックバーに行って来た。前回
行ってから9ヶ月ぶりだ。
ドッケンのマスターのブログを読んでいると、なんか同情してしまう。
・・お客さんが少ないらしい・・(涙)
「禁煙」でなければ、私も頻繁に足を運んだのだけど・・・

ドッケンではHR/HMの映像を流している。
リクエストをすれば好きなバンドの映像を流してくれる。
私はRAGEをリクエストした。
マスターに、いつのRAGEがいいかと訊かれたので、最近のものを
お願いした。
「最近の? ツルツルのやつね(笑) 」 と、マスター。
・・・(苦笑) 「ツルツル」とはピーヴィ (Vo) の頭のことだ。
ピーヴィはロングヘアからスキンヘッドに変えたのだ。・・私は、前髪が
さみしいのにロングヘアにしているピーヴィを見ると哀れでならなかった。
スキンヘッドにして良かったと思う。・・なんて・・よけいなお世話?(汗)

2005年2月6日渋谷クラブクワトロで行なわれた来日公演の映像を流して
くれた。私が見に行った日のライヴ映像だ。RAGEのとっても熱いライヴが、
でもとってもほのぼのしたライヴが蘇ってきた。
そうそう、ライヴでのヴィクター(G)って、CDで聴くのと全然違うのよ。
元々自由奔放なギターを弾く人だけど、、なんか、壊れてる・・っていうか、
鬼気迫るものを感じたね。

あ??、もう一度生で見たいな。

Yahoo!の公開プロフィールを作ってみた 

「アバター」といって、自分用のキャラクターを登録できるようになっている。
これが着せ替え人形みたいに遊べておもしろいのダ。
服装や髪型以外に顔つきとかお化粧も細かく選べるようになってる。
それぞれ種類が豊富にあるから、まったくおんなじに設定している人は
いないんじゃないかな。
そんで、実際にお会いしたことのある人のアバターを見たことあるんだけど、
これがご本人に似ていたのよ。・・なんか不思議。

で、自分をイメージしてできあがった私のプロフィールがコレ
・・ちょっぴり真実でない部分もあるけど(汗)

名曲集を作ってみた 

いろんなバンド・アーティストの曲を集めて名曲集を作ってみた。
15曲を1枚のCDに詰め込んでできたのがコレ↓


1. WE WILL BE STRONG / THIN LIZZY
スノーウィ・ホワイトとスコット・ゴーハムのツインギターが冴え渡る名曲。アルバム「CHINATOWN」収録。

2. REACH OUT / IRON MAIDEN
シングルB面曲。BOXセットに収録されている。すんごいポップで明るい曲。Voはエイドリアン・スミス。・・ぜんぜんメイデンに聴こえないのダ。Voも音楽性もいつものメイデンとは違うこの曲をバンド名を伏せて聴いたとして、IRON MAIDENだと分かる人はいないと思う。でも、すんごく良い!(笑)

3. REVOLUTION / YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE
「UNLEASH THE FURY」の中で1番の名曲だと思う。Voはドゥギー・ホワイトだが、誰が歌ってもインギーの音楽は、やはりインギーと言う感じ。

4. FINAL SOLUTION / BLACK LABEL SOCIETY
超重量級のヘヴィさがカッチョイイ! んでんで、心かき乱されるギターソロが、もうたまら?ん。ギターもVoもザック・ワイルド。

5. GLAD TO BE ALONE / ACCEPT
1st収録曲。イントロの哀愁漂うツインギターが素晴らしい。心が涙であふれているようなウド・ダークシュナイダーの歌も素晴らしい。胸を打つ名曲なのだ。

6. ENTER THE GLADE / FALCONER
「CHAPTERS FROM A VALE FORLORN」収録。アニメの主題歌でも歌いそうな「正統派歌手」という感じのVoが素晴らしい。北欧メロディックメタル。

7. THEATRE OF PAIN (CLASSIC VERSION) / BLIND GUARDIAN
「SOMEWHERE FAR BEYOND」収録曲。イントロから終わりまですべてが劇的。オリジナルバージョンとクラシックバージョンが収録されているが、後者のほうがより素晴らしい。超名曲。

8. IN THE PICTURE / MIND ODYSSEY
現RAGE在籍のギタリスト、ヴィクター・スモールスキがRAGEの前に在籍していたバンド。DREAM THEATERに似た音楽性。2分にも及ぶイントロだけでドラマがある。美しく透明感のある音楽から超ヘヴィなギターリフへの展開がすんばらしい。「SIGNS」収録。

9. ORPHAN / AMORPHIS
なんといっても後半のギター・ソロ! 歌うようなメロディがすんごく良い。ちょっぴりマイケル・アモットさんを連想する。元々はメロデスバンドなのだが、全然それらしくない。「ELEGY」収録。アルバム全体に悲しみが漂っている。

10. THROWIN' IT ALL AWAY / ZAKK WYLDE
ザック・ワイルドのソロアルバム「BOOK OF SHADOWS」収録曲。ザックさんの魂のこもった歌が心に響く曲。悲しげなアコースティックギターも涙を誘う。

11. RAIN ON THE SCARECROW / JOHN COUGAR MELLENCAMP
郷愁を感じる素朴な味わいのあるロック。音がシンプルでそれぞれの楽器がくっきりと立っているとこが良い。一匹狼的感じのする男っぽいVoは哀愁を背負っているのだ。「SCARECROW」収録。

12. FALL WHATEVER FALLS / DARKSEED
ドイツのバンド。ゴシック・メタルと言われているらしいが、個人的にはメロディック・スラッシュ・メタル・・のような感じ。哀愁の漂うメロディと、心が荒んだような突き放すようなVoが魅力なのだ。VoはMETALLICAっぽく、ギターリフがRAGEっぽい・・かな。

13. HEARTBREAKER / GRAND FUNK RAILROAD
69年発表のデビューアルバム「ON TIME」収録の歴史的名曲。最近の音楽に比べると音の洪水的なところがなく、シンプルな音作り。でもその少ない音で文句なしにカッコイイと思わせる明確さが素晴らしいのだ。

14. THE GRAVE DIGGER / GRAVE DIGGER
ドイツのパワーメタル・バンド。元RAGEのマンニ・シュミット(G)が加入した作品「THE GRAVE DIGGER」のタイトル曲。マンニはRAGEのときより伸びやかにギターを弾いているような気がする。ものごっつうヘヴィなサウンドが超カッコイイ。・・でも、初めて聴いた人は引いてしまうかも。。アルバムの中ではこの曲が1番メロディがある。

15.THE NINJA / CACOPHONY
凄腕ギタリスト、マーティ・フリードマンとジェイソン・ベッカーによるプロジェクト・バンド。華麗に舞うツインギターに続くダミ声っぽいVoに意表をつかれるとともに、予想に反して正統派メタルらしいので安心できる。1st「SPEED METAL SYMPHONY」収録曲。今回作った名曲集の15曲の内、どの曲を収録しようか1番迷ったアルバムがこれ。クラシック風やスラッシュ風が混在したアルバムなので、バンドの音楽性とか、彼らが何をやりたいのかが見えて来づらいのだけど、曲単位ではどれも素晴らしいのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。